郵便局 そばにいるから、できることがある。 郵便局

郵便局の総合印刷サービス

【挨拶状・年賀状・名刺・封筒・ポストカード印刷】

年賀状にボールペンはマナー違反?おすすめ筆記用具と注意点

年賀状にボールペンはマナー違反?おすすめ筆記用具と注意点

「年賀状にボールペンはマナー違反」と考えられることがありますが、年賀状にボールペンを使うことは、失礼に当たるのでしょうか。
印刷された年賀状に一言書く添え書きや、表面の宛名など、年賀状を手書きで書く機会は実際多いものです。本稿では、筆記用具の選び方から、手書きで書く際の注意点まで、手書きの年賀状を送るために押さえておきたいさまざまな知識について、ご紹介します。

年賀状はボールペンで書いても良い?

まず、年賀状をボールペンで書くことはマナーとして許されるのかどうかを、背景にある理由と併せて解説します。

手書きの年賀状を仕上げるときに、ボールペンで書くことは基本的にマナー違反とされています。
現代においては昔のように「必ず毛筆で書かなければ失礼に当たる」といった厳しいマナーではなくなっていますが、会社の上司や取引先、目上の人に対する年賀状などではボールペンを使わないほうが望ましいといえるでしょう。できれば、宛名・文面ともに使用しない方がおすすめです。
ただし最近では時代の変化もあり、友達や家族など親しい間柄であればボールペンを使っても大丈夫であると考えられるようになっています。添え書きのコメントをボールペンで書く人も多くいます。
年賀状を作成するときにボールペンが相応しくない理由としては、字が細くなり、見た目も貧相になりやすいということが挙げられます。また、ボールペンは日常的に多く使われる筆記用具だけに、手軽で事務的な印象になりがちなため、新年のお祝い事には好ましくないとされているのです。

年賀状デザイン一覧へ

年賀状におすすめの筆記用具

それでは、実際にどのような筆記用具を使って年賀状を書けば、失礼に当たらないのでしょうか。

年賀状の執筆に昔から使用されてきた筆記用具は、「毛筆」です。太く力強い字で縁起の良い年賀状に仕上げることができ、太字は縁起が良い印象を与えやすいため、受け取る側に一番好まれるのは毛筆で執筆した年賀状であるとされています。ただし、習字の経験が少ない人にはハードルが高いことも事実です。
ほかに、代表的なものとして挙げられるのは「筆ペン」です。毛筆が苦手で、上手に書く自信がない人におすすめで、毛筆と比べて、比較的短時間の練習で綺麗な字を書けるようになるのが特徴です。墨・硯など、道具の準備や手間がかからないというメリットもあります。

「万年筆」は、独特の風合いから雰囲気のある年賀状を仕上げやすい筆記用具です。ただし、ほとんどが水性インクで、年賀はがきの種類によってはインクを弾いて文字がにじんでしまうおそれがあるため、要注意です。

「フェルトペン」は、柔らかい書き味で書きやすいことが特徴です。筆のタッチを再現できるタイプも発売されています。ただし、文字が太くなりやすく、画数が多い漢字を書きにくいのがデメリットです。フェルトペンには水性と油性の2種類があり、それぞれ性質が異なるため、試し書きすると良いでしょう。

どのような種類のペンを選ぶにしても、水性ペンの場合は文字がにじまないか、油性ペンの場合は裏写りしないか、事前にチェックすることが大切です。
また、インクの色は基本的に黒、もしくは青を選ぶのが無難です。特に目上の方に手書きの一言を書く際には色付きのペンを避け、黒い字で書くようにしましょう。宛名を赤で書くことはできません。また、宛名と同様に、赤い色でメッセージを書くことは避けた方が良いとされています。
赤いインクを使用可能な例外は「朱書き」と「賀詞」です。私製はがきや一般の郵便はがきを使用した年賀状を送る場合は、一般郵便と区別するために必ず、切手の下に「年賀」と書く必要があります。「謹賀新年」「寿」といった「賀詞」については、古来より赤い色が邪気や魔を払う効果を持つと考えられていることから、赤い文字を使用した年賀状も一般的です。

年賀状を手書きする際の注意点

年賀状を手書きする際に気を付けたいポイントについて、順を追って見ていきましょう。

年賀状の手書きの文字を、修正液や修正テープで消したり、二重線で消したりすることは好ましくないとされています。書き損じてしまったら、新しい年賀状に書き直すのが正しいマナーです。
書き損じた年賀状は、郵便局で新しい年賀はがきに交換できます。
ただし、その年の年賀はがきを販売している期間(例年、11月初旬から1月初旬まで)に限られるため、前もって確認しておくようにしましょう。
交換には手数料が掛かりますが、切手や郵便はがき、郵便書簡、特定郵便(レターパック封筒およびスマートレター封筒)などと交換してもらうことができます。
料額印面が汚れていないことが条件となりますので、注意しましょう。

どうしてもボールペンを使用したいときには、上司や取引先ではなく、気のおけない友人関係に出すときのみ使用しましょう。極細のものを避け、ペン先が1.0mm以上の太字ボールペンを使用すれば読みやすく、読み手側が余計なストレスを感じることは少ないでしょう。
また、温度変化で文字が消せるボールペンや、水性のボールペンなど、文字が消えたりにじんだりするおそれのあるものも避けたほうが良いでしょう。
ゲルインクや油性のボールペンであっても、年賀はがきの種類によっては紙にインクが乗りにくいことがあるため、事前に試し書きして確認しておくことをおすすめします。
ボールペンに限らず、筆記用具は筆圧や手のサイズに合うかどうかで書きやすさが異なります。
最近では書き味に高級感のあるタイプも販売されています。
できれば早めに年賀状の準備を進め、自分に合う一本を選ぶようにしましょう。

年賀状を手書きするときのポイント

最後に、年賀状の宛名や添え書きを書くとき、押さえておきたいポイントを解説します。

手書きで相手の宛名を書くときには、縦書きの方がフォーマルで正式であるとされています。目上の方やビジネス関連でお付き合いのある方に対しては、できれば縦書きで書くようにしましょう。
文字のサイズは、相手の名前を一番大きく書くようにしましょう。
また、相手の住所は名前よりも少し小さく書くようにします。ビル名や階数は省略せず、数字は漢数字で書くのがマナーです。
相手の名前が旧字体(正字)の場合は崩し字や続け字を使わず、間違いがないように正しく書くことが大切です。書体はできれば読みやすい楷書体を用いて、止めや払いをしっかりと意識するようにしましょう。漢字を大きく、ひらがなは小さめに書くことで、バランスの取れた文字になります。
縦書きの宛名では、相手の名前をはがきの中央に書き、住所は郵便番号の右端に揃え、上から一文字分を下げて書き始めるようにします。自分の宛名を表面に書くときは、相手の宛名より小さく書きます。裏面に自分の宛名を書く際には、表面に書く必要はありません。
表面(宛名面)が縦書きの年賀状は、裏面も縦書きで揃えるのが一般的です。裏面に関しては、楷書体の方が良いという決まりは特にありませんが、ペンの種類や読みやすさには気を付けて書くようにしたいものです。
年賀状をたくさん出す人にとって、全ての宛名を手書きで書くのは難しい場合も多いでしょう。「郵便局の総合印刷サービス」では、宛名を印刷するサービスを取り扱っています。
宛名を印刷し、裏面に手書きのメッセージや添え書きを書く、といった工夫も可能です。
宛名を印刷すること自体はマナー上、全く問題ありません。

1字ずつ丁寧に書かれた手書きの年賀状に、受け取る側が好印象を抱くことは間違いありません。
今まで印刷のみで済ませていた方も、まずは添え書きから、温もりのある手書きのメッセージを書いてみてはいかがでしょうか。

年賀状デザイン一覧へ

年賀状お役立ち情報

会員限定クーポン割引バナー
サイトからのお知らせ
2019年10月23日
年賀状・喪中はがき・寒中見舞いをご注文いただくと、早期割引・WEB割引適用で印刷料金から最大20%OFF!(※11/5まで)ただいまCM放映中。CM掲載絵柄購入できます!!
インターネット専用
お問い合わせ先
0120-910-985 12月31日まで 9:00~20:00 (年内無休) 1月以降 9:00~18:00 (1月1日~3日 土日祝を除く)
年賀状印刷カタログに関する
お問い合わせ先
0120-929-710

会員登録すると便利な
サービスが盛りだくさん

宛名住所録に登録したデータを挨拶状に宛名印刷することができます。
宛名印刷した郵便はがきをお客様に代わり投函する会員限定(無料)サービスです。
挨拶状のご注文時に宛名印刷サービスを申し込むとご利用になれます。
ロゴマーク・写真・地図・QRコードなどを登録しておき、挨拶状や名刺、封筒などにインポートすることができます。