郵便局 そばにいるから、できることがある。 郵便局

郵便局の総合印刷サービス

【挨拶状・年賀状・名刺・封筒・ポストカード印刷】

年賀状の投函時期の目安 - 師走に利用したい便利な代行サービスとは?

年賀状の投函時期の目安|師走に利用したい便利な代行サービスとは?

年賀状を送る上でまず知っておきたいのは、元日に届くためにはいつまでに投函すれば良いかという、「投函時期の目安」ではないでしょうか。
仕事やプライベートを問わず、多くの人にとって忙しい年末年始。
そんなときだからこそ、日頃お世話になっている方々や大切なお客さまに、感謝の気持ちやお礼をこめた一通を届けたいものです。今回は、年賀状を期日通り届けるために便利な「印刷」や「投函」の代行サービスと、その利用方法について、解説いたします。

年賀状を元日に届くように投函するには?

まず、年賀状を元日に届けるために、目安としたい投函時期についてご説明します。

年賀状の引受期間は、例年12月15日からスタートします。
12月25日までに投函した年賀状は一部の離島を除いて、元旦、つまり元日の朝に届くよう手配してもらえます。12月25日を過ぎて投函すると、元日に配達される保証はなくなります。
12月26~28日の場合、近隣であれば可能な限り元日に届くよう配慮してもらえますが、なるべく25日までに投函するようにしましょう。
また、引受期間前に投函してしまうと、通常の配達日数で年内に配達されてしまうため、注意が必要です。一年以内(13カ月以内の場合もあります)に二親等以内の近親者で不幸があったときには、年賀状の代わりとして喪中はがき(年賀欠礼状)を送る必要があります。
喪中はがきとは、「喪中につき年頭のご挨拶をご遠慮させていただきます」のように、新年の挨拶を欠礼することを知らせるはがきのことで、年賀状よりも早めに準備を進める必要があります。
多くの方が年賀状の準備を始める11月~12月初旬までに届けるのが一般的です。

例年、年賀状の新年集荷は、松の内の最終日である1月7日まで行われます。
松の内とは、家に門松などの正月飾りが飾られる期間のことで、1月1日~1月7日を指します。
配達に関しては1月7日までが年賀状、1月8日以降は通常のはがきとして扱われます。
そのため、通常の年賀状には消印が押されませんが、1月8日以降に配達される年賀状は消印が押されるようになります。受け取る側には消印の有無で年賀状の引受期間を過ぎたことが分かるため、あらかじめ念頭に入れておきましょう。
何らかの理由で年賀状の返礼が遅れてしまい、1月8日以降に投函する場合や、年明け以降に喪中はがきへの返礼を送る場合は、年賀状ではなく寒中見舞いとして送付するのがマナーです。
寒中見舞いを投函できるのは節分(2月3日)頃までとされています。

宛名印刷をご利用できる絵柄一覧へ

年賀状を大量に投函する方法

本項では、年賀状をたくさん出す方に役立つ、ちょっとした豆知識をご紹介したいと思います。

大量に年賀状を出すときには、輪ゴムでまとめて投函すると配達作業中のトラブルが減りやすい、ということをご存じでしょうか。
毎年、年末年始には多くの人が年賀状をポストに投函します。
一枚ずつ年賀状を出すと、シールなどのデコレーションが取れる、角が折れてしまうといったトラブルがどうしても起きやすくなってしまいますが、輪ゴムでまとめることで強度が増し、キズや折れを防ぐことができます。ただし、少な過ぎる枚数だと輪ゴムの跡が付いてしまったり、輪ゴムの張力によって年賀状が曲がってしまったりする可能性があるため、ある程度の枚数を束にし、輪ゴムでまとめて出すようにすると良いでしょう。

また、輪ゴム止めを行う際には市内宛と市外宛を分けて出すことで、郵便局での作業がスムーズになります。
異なる宛先がランダムに混ざっていると、そのぶん仕分けに必要な時間が増えてしまうためです。また、できればはがきの表裏と、上下の向きも揃えておくようにしましょう。年賀状と他の一般郵便物が混ざりにくくなり、仕分け作業が早く済むようになります。
年賀状の束をまとめる際には、2本の輪ゴムをそれぞれ1本ずつ縦と横に使用して、十字に止めるようにすると良いでしょう。1本の輪ゴムで十字にするよりも2本のゴムを使用した方がバラバラになりにくく、ゴムが伸びないために切れることも少なくなります。
また、束が分厚すぎるとポストの投函口に入らなくなってしまうため、要注意です。

「郵便局の総合印刷サービス」なら、年賀状作成から投函までオンライン で完結

「郵便局の総合印刷サービス」を利用することで、年賀状作成から投函まで、一連のフローを代行することができます。

宛名印刷「郵便局の総合印刷サービス」とは、インターネットで簡単に印刷の注文ができる便利なサービスです。年賀状以外にも、喪中はがき、寒中・余寒見舞い、暑中・残暑見舞い、挨拶状(個人向け/法人向け/法要)、名刺、封筒をつくることができます。

https://print.shop.post.japanpost.jp

それでは、順を追って「郵便局の総合印刷サービス」で注文する際の流れを見ていきましょう。
最初に、サイト上で無料の会員登録を行ってから年賀状のデザイン、はがきの種類を選びます。写真データを利用するタイプのものは、パソコンなどから好きな画像をアップロードしてはめ込みましょう。選んだ年賀状のデザインによっては、挨拶文の編集を行うことも可能なほか、「マイ画像BOX」にロゴマークや地図、写真、QRコードなどを登録しておけば、オリジナル画像データの利用も可能になります。
また、すでに用意されたテンプレートだけでなく、自分でつくったデータを利用したオリジナルデザインの年賀状も作成可能です。
デザインを決めたら、続いて「宛名印刷」「投函代行」などのオプションを選択し、仕上がりイメージを確認します。支払いはクレジットカード、ペイジー、代金引換のいずれかで決済を行います。通常、印刷済みの年賀状は自宅に発送されますが、投函代行オプションを選択した場合、年賀状の宛先へ直接郵送されます。
郵便局の総合印刷サービスの「宛名印刷」はマイページの宛名住所録に登録した住所データを利用して行うことが可能で、住所データ(カード)については3,000件まで登録できます。基本料金が1,100円、1枚あたり31円となります。納期は5営業日(年賀状印刷に2営業日、宛名印刷に3営業日)以内での発送です。裏面のみの印刷に比べて締め切りが少し早まるため、事前に確認しておくようにしましょう。
投函代行のオプションは、作成した年賀状を、代わりに投函して郵送するサービスです。料金は無料ですが、宛名印刷を利用した年賀状のみ利用可能となります。
宛名印刷の納品(注文日から5営業日以内に発送)後に郵便局の方で投函され、投函が終わると「完了メール」がユーザー宛に送られてくる仕組みとなっており、大変便利です。

「投函代行」サービスを利用する上でのメリットと注意点

便利な「投函代行」サービスのメリットについて、利用する際に注意したいポイントと一緒に見ていきましょう。

「投函代行」は前項でも触れた通り、あなたの代わりに年賀状を投函してくれるサービスです。完成した年賀状を自宅配送すると、受領後に自分自身でポスト投函しなければならないため、どうしても若干のタイムラグが発生してしまいます。事前に住所録さえつくっておけばインターネット上でそのまま注文&投函まで行える上、一度作成した住所録は毎年利用することができるため、「たくさんの年賀状を一度に送りたい方」や「元日に必ず届けたい方」には、特におすすめです。
気を付けておきたいのは、私製はがきなどでは投函代行サービスを利用できないことと、郵便局からの発送証明が取得できないといった点です。直接相手に届くため、代金引換支払いも選べません。

また、自宅配送ではないため、印刷後に添え書き(手書きのメッセージ)を行うことや、印刷された住所や名前を自分の目で見て確認することができないことも注意しておきましょう。
手書きで宛名を書く場合にも当てはまりますが、せっかく年賀状をつくっても、住所や名前が間違っていると正しく届けることができません。
投函代行を利用する場合は、事前に仕上がりイメージで住所録が間違っていないか確認した上で、注文するようにしましょう。

いかがでしょうか。年賀状の準備を進めていく上で、予想していたより宛名書きに時間がかかってしまったり、何枚も書き損じてしまったりなど、思った以上に大変と感じることはよくあります。
宛名印刷サービスの注文時には、投稿「投函代行サービス」を無料で利用することができます。
一部の年賀状は投函代行で、残りは自宅配送にして添え書きを書いてポストへ、送る先によってそれぞれ異なるデザインに…。
幅広い使い分けがオンライン上で可能になる便利な代行サービスを、ぜひ有効活用していただければと思います。

宛名印刷をご利用できる絵柄一覧へ

年賀状お役立ち情報

会員限定クーポン割引バナー
サイトからのお知らせ
2019年11月6日
年賀状・喪中はがき・寒中見舞いをご注文いただくと、早期割引・WEB割引適用で印刷料金から最大15%OFF!(※12/6まで)
インターネット専用
お問い合わせ先
0120-910-985 12月31日まで 9:00~20:00 (年内無休) 1月以降 9:00~18:00 (1月1日~3日 土日祝を除く)
年賀状印刷カタログに関する
お問い合わせ先
0120-929-710

会員登録すると便利な
サービスが盛りだくさん

宛名住所録に登録したデータを挨拶状に宛名印刷することができます。
宛名印刷した郵便はがきをお客様に代わり投函する会員限定(無料)サービスです。
挨拶状のご注文時に宛名印刷サービスを申し込むとご利用になれます。
ロゴマーク・写真・地図・QRコードなどを登録しておき、挨拶状や名刺、封筒などにインポートすることができます。