郵便局 そばにいるから、できることがある。 郵便局

郵便局の総合印刷サービス

【挨拶状・年賀状・名刺・封筒・ポストカード印刷】

クリエイター2019年賀状

尾崎文彦 Belles Chaussures 鈴木愛 雪下まゆ kamihasami 梅屋モリカナエ ろこる いそべRYO 小鳥遊しほ yasuyo

Creator No.1

kamihasami

Belles Chaussures

アーティフィシャルフラワーデザイナー

生花のように美しい高級造花を使用し、フラワーアレンジ作品を制作。オーダー制作の他、WS開催やデザイン提供も行なっております。

kamihasamiキービジュアル

Interview

Q.Belles Chaussuresさんの名前の由来を教えてください。

A.「美しい靴を履くと素敵な場所に連れて行ってくれる」というフランスのことわざがあり、そのような教室にしたいという思いから、「Belles Chaussures(美しい靴)」としました。あとはフランスの特にパリが好きなのも、きっかけの一つです(笑)

Q.アーティフィシャルフラワー(高級造花)の制作を始めたきっかけは?

A.まるで生花と思うくらいに美しく種類も豊富で、かつ枯れることがないところにインテリアフラワー・ディスプレイとしての可能性を感じ制作を始めました。

Q.年賀状用のフラワーアレンジメントを制作するにあたり、心がけた点などありますか?

A.普通のありふれたものではなく、かつ奇を衒わずどなたにも受け入れていただけ、 Belles Chaussuresらしさを表現することにこだわりました。

Q.Belles Chaussuresさんらしさとは?

A.花の色のグラデーションを意識してデザインするところでしょうか。花材を選ぶ時から、あまりパキッパキッとした色使いにならないようにしています。

Making

制作風景

Belles Chaussures さんには戌年でもしめ縄とリースの年賀状作品を制作いただき、大変好評でした!今回はその気になる制作過程を覗かせていただきました!

belleschaussures
belleschaussures

belleschaussures制作風景1

【水引きをセット】
花材屋で購入したしめ縄にグルーガン(接着剤)で 金銀水引を固定していきます。


2

belleschaussures制作風景2

【メインの花材をセット】
まずは真ん中の花材と位置を決め、配置のバランスを取って土台のしめ縄にメインのシャクヤクやラナンキュラスをグルーガンでセットしていきます。

Belles Chaussuresさん愛用のグルーガン

belleschaussures制作風景サブ2

3

belleschaussures制作風景3

【サブ花材をセット 】
今回はサブのお花としてビバーナムを入れました。こういったメインの花材とは異なった変化を与えると味が出るとのことです。

和手毬の材料となったお花たち

belleschaussures制作風景サブ3

4

belleschaussures制作風景4

【完成】
今回も、 Belles Chaussuresさんらしく美しい色味のしめ縄が仕上がりました!

和手毬の制作の様子も、
見せていただきました。

belleschaussures制作風景サブ4

使用したお花リスト

  • 【洋風しめ縄】
  • ・シャクヤク
  • ・ラナンキュラス
  • ・ローズ
  • ・ビバーナム
  • ・ゼンマイ
  • ・グリーンリーフ
  • 【和手毬】
  • ・マム
  • ・デイジー

Belles Chaussures さんが制作した、上品かつ華やかにお正月を彩る年賀状はこちらです!

洋風しめ縄

洋風しめ縄

和手毬

和手毬

Creator No.2

Yukishita Mayu

雪下まゆ

イラストレーター

1995年生。フリーのイラストレーター。アーティストジャケットやライブペイントなど幅広く活動。

雪下まゆキービジュアル

Interview

Q.制作を始めたきっかけを教えてください。

A.物心ついた時から絵を描くことが好きでした。高校生の頃からデッサンも始め、授業中に前の席の子を描いたり(笑)大学に入ってからは油絵も始めましたが、普段はペンタブレットを使って描くことが多いです。後からでも修正をしやすかったり、レイヤー(層)ごとに編集もできるので…逆に紙に描くときは失敗できないな、と緊張します。

雪下制作風景1

Q.雪下さんの作品は、まるで写真と間違えてしまいそうなほどリアルな作品も多いですね。

A.デッサンを習ったり、油絵も描いていることが活きているのかもしれないですね。でも写真と全く同じだと意味がないので、イラストっぽさも残しつつ仕上げてます。

雪下制作風景2

Q.制作中、悩んだときはどうやって解決しますか?

A.一回絵から離れて、映画を見たり友達と飲みに行ったりして気分転換をします。好きな映画は「エターナル・サンシャイン」です。バッドエンドでもハッピーエンドでもない、現実的な終わり方の映画が好きです。

Making

制作風景

今回は、渋谷のカフェにて雪下まゆさんの作品制作の工程を伺わせていただきました。雪下さんは透明感があり、描く絵同様に繊細さも感じるとても魅力的な方でした。

雪下まゆ製作風景1

頭の中で構成を練り、ペンタブレットで下絵を描いていきます。下絵はあまり悩まずに、15分ぐらいで描きます。

外出先でも、タブレットを持っていれば思いついた時に描けちゃいます。

雪下まゆ製作風景サブ1

2

雪下まゆ製作風景2

謹賀新年の文字は、ドローイングソフト上で自分で書きました。筆圧で線の太さも変わるんです。好きな工程はアイデア出しのラフ制作時と、肌を塗る工程です。


3

雪下まゆ製作風景3

着物の柄も、自分で考えて描いています。少女は17歳~20歳ぐらいの想定です。この絵のお気に入りポイントは、イノシシと少女のギャップです!

どうやって可愛くするか
悩んだというイノシシ君。

雪下まゆ製作風景サブ3

雪下まゆさんの描いた、不思議な魅力の少女が描かれた作品はこちらです!

亥1

亥1

亥2

亥2

Creator No.3

suzuki

鈴木愛

デザイン書道作家

現在までに採用されたロゴなどの作品は1,900点ほど。日本デザイン書道大賞にて大賞受賞。豊橋市文化表彰文化振興賞受賞。久保田一竹美術館・ニューヨーク・ミラノにて個展。秋篠宮殿下・妃殿下の御前にてライブパフォーマンス披露。(社)日本デザイン書道作家協会副理事。デザイン書道講師。

suzukiキービジュアル

Interview

Q.デザイン書道の制作を始めたきっかけを教えてください。

A.幼稚園の先生になりたかったのですが教育実習で挫折してしまい、仕事云々ではなくただ生きがいを見つけたくて好きだった書道を再開しようと思いました。その時、カルチャースクールのパンフレットに「商業書道」という「広告で使う筆文字を学ぶ講座」を見つけ、生徒として受講したのがきっかけです。受講して1年後に独立させてもらいました。

Q.年賀状用の作品を制作するにあたって、特に気を配った点などありますか?

A.この年賀状を選んでくださる方々や手元に届いた皆様に楽しんでいただけるような文字を描くよう努力しました。背景が布柄の時は「どの部分にどんな背景が来れば文字が一番魅力的に見えるのか」を考え、それによって書き直しすることも多々あります。

Q.道具へのこだわりはありますか?

A.筆は、全部地元豊橋の伝統工芸品である、「豊橋筆」を使用しています。筆は分業制で作られるものがほとんどですが、「豊橋筆」は全行程1人で作るので質が高く、繊細な出来栄えになります。この繊細で上質な筆だからこそ、筆を通して思いが表現できると思っています。書は線質で表現するもの。線質が命だと思っています。

suzuki制作風景1

Making

制作風景

鈴木愛さんには昨年もデザイン書道作品を描いていただき、とても好評でした。今回は赴きある古民家のご自宅に伺い、こだわりの制作現場を拝見させていただきました!

suzuki

1

鈴木愛制作風景1

ノートにペンで文字デザインを描きます。その後、半紙に小筆でラフデザインを描き、さらにイメージを膨らませます。

ノートに描いた
文字デザイン。

鈴木愛制作風景サブ1

2

鈴木愛制作風景2

半紙に筆で文字デザインを描きます。この没頭している時間が、一番楽しい工程だそうです。

仕上がりに納得いくまで、何枚も描きます。

鈴木愛制作風景サブ2

3

鈴木愛制作風景3

完成した筆文字と背景画像(布)をスキャンし、パソコン上で文字の色付けや背景の位置調整をします。

多くの布地から文字をより魅力的に見せるものを選びます。

鈴木愛制作風景サブ3

鈴木愛さんが自由な発想で
のびのびと表現した
デザイン書道作品はこちらです!

躍動の亥

躍動の亥

ほほえみの亥

ほほえみの亥

Creator No.4

尾崎文彦

尾崎文彦

クリエイター(エイブルアートカンパニーのカンパニーアーティスト)

2006年より「クラフト工房La Mano」に所属。幼児期より文字、とくに数字やアルファベットを書くことを好み、力強くゆっくりと描いていく線は、規則的な中にアンバランスが混じり、ほのぼのとした中にも何かを問いかけるような独特の世界を描き出す。

尾崎文彦キービジュアル

Interview

※勤務先である「La Mano」のスタッフの方に取材をさせていただきました。

Q.作品の制作はいつごろから始められたのですか?

A.2006年にアトリエ活動が始まってからです。

Q.絵を描くことで、周囲との関係など変わったことはありますか?

A.作品の人気が高まり、スタッフや家族等の周りの人々の意識が変わったことによって、絵を描く環境が整っていきました。最初はご家族も尾崎さんの絵の人気に半信半疑でしたが、現在は展覧会が開かれると足を運んだり、グッズを購入されたりするそうです。

尾崎文彦制作風景1

Q.尾崎さんの絵の魅力はどんな部分だと思いますか?

A.尾崎さんの描く動物は必ず正面を向いているので、じっとこちらを見つめているように感じます。 ご本人同様ほのぼのとした雰囲気をかもし出す動物たちは、見る人の気持ちを反映して、さまざまな表情を見せるのではないでしょうか。

Making

制作風景

今回は、尾崎文彦さんがアトリエ活動をされている 「 クラフト工房 La Mano」さんにお邪魔して制作の様子を拝見させていただきました。

尾崎

1

尾崎制作風景 3

画材は、パステルを使われています。下地にアクリルで色を載せていることで絵に深みがでるようになったとのこと。紆余曲折を経て、今のスタイルにたどりついたそうです。

「La Mano」で栽培されていたブルーベリー。とても甘くて美味でした!

谷田有似制作風景サブ2

2

尾崎制作風景 3

ご自身のパターンをつくって描くことが好きなので、うり坊のしましま模様やねこのヒゲなど、パターン化した部分を描くのが好きだそうです。色を塗るときもタテタテ、ヨコヨコと規則的に塗っていきます。

尾崎さんの描いた果物の作品。各果物の特徴が際立っていて素敵でした。

谷田有似制作風景サブ2

3

尾崎制作風景 3

尾崎さんは数字や文字の入った物(時計、電卓など)や、果物・植物なども描かれます。その中では、動物が一番周囲からの人気も高く、今回はうり坊のイラストを描いていただきました。

尾崎さんの描いた時計です。文字や細部を表現するのも得意だそうです。

尾崎文彦制作風景サブ2

尾崎文彦さんのほのぼのとしたうり坊のイラストが、年賀状になりました!

うりぼうA

うりぼうA

うりぼうB

うりぼうB

Creator No.5

kamihasami

Kamihasami

ペーパーアート作家

紙を素材に立体的なイラストレーションを制作しています。書籍の装丁や広告のビジュアルに使用していただいています。

kamihasamiキービジュアル

Interview

Q.作家名の由来は?

A."紙を切るもの"としてイメージするのがハサミなので。実際にはハサミはほとんど使っておらず、主に紙とカッターで制作しています。紙カッターではおかしいので、Kamihasamiになりました(笑)

Q.制作を始めたきっかけを教えてください.

A.紙に光を当てたときにできる陰影に魅力を感じ、紙を使った立体物の制作を始めました。紙の重なりでできる影により奥行き感や見えない部分への想像力が働くのかなと感じています。

Q.制作中、一番楽しいのはどの工程ですか?

A.ラフスケッチの段階です。立体を作っているときは、切る貼るの単調作業の連続なので辛い時もあります。完成してきれいに陰影が出たときは報われた感じがします。

Q.一番好きなモチーフは何ですか?

A.タイポグラフィですかね。言葉の意味からイメージを作ったり、言葉を表現します。オリジナルで制作する時は、言葉の作品が多いです。

Making

制作風景

Kamihasamiさんの制作現場にお邪魔して、作品ができあがるまでの工程を覗かせていただきました!制作現場には、これまで制作された魅力的な作品がたくさん飾ってあり、取材スタッフ一同興味津々でなかなか本題の取材に入れないほどでした(笑)

kamihasami制作風景1

【ラフスケッチ制作】
今回は手書きで描いた後、PCに取り込みIllustratorソフトで仕上げました。頭の中でイメージを膨らませている瞬間が至福の時間だそうです

Illustratorでラフ画像制作中…

kamihasami制作風景サブ2

2

kamihasami制作風景1

【紙をカット】
レーザーカッターも使いますが、紙の断面が茶色くなってしまう為仕上げは全て手でカットするそうです。単調な作業の時は、ラジオを流しながら作業することもあるそうですよ。

Kamihasamiさんに切り抜かれた猪。非常に細かい作業です。

kamihasami制作風景サブ2

3

kamihasami制作風景2

【組立て】
接着剤を使って、切り出したパーツを接着していきます。各パーツができたら構成して組み合わせます。高さ(厚さ)はこの時に決めます。

とてもお世話になっている木工用ボンド

kamihasami制作風景サブ2

4

kamihasami制作風景3

【撮影・画像処理】
照明をセッティングして撮影。陰影を出したいので、紙の重なりで影がキレイに出るよう意識しています。 撮影した写真データをパソコン上に取り込み、 露出の調整を行ったら完成です!

Creator No.6

ろこる

ろこる

イラストレーター

ニコニコ動画、Youtubeなど動画投稿サイトで活動するクリエイターユニット「HoneyWorks」のサポートメンバー。リアリティのあるボーイズライクな絵を得意とする。老若男女、そういった人物の様々な表情をリアルに描き分ける。また、人物だけでなく、背景や小物を独自の世界観で描く。

ろこるキービジュアル

Interview

Q.制作を始めたきっかけを教えてください。

A.小さい頃、母と絵を描くのが好きで、小学校からは漫画家を夢見てGペンでイラストを描いてました。
中学からはデジタルに移行し、高校の時、SNSで自分の絵を発信し、多くの方と絵を通して繋がる事ができたのが大きなキッカケになったと思います。

ろこる制作風景1

Q.制作中、一番楽しいのは どの工程ですか?

A.色を塗り込む時が自分の描きたいテイストをいちばん表現できて、描いているキャラクターが生き生きとし始めるので本当に楽しいです。

ろこる制作風景1
ろこる制作風景1

Q.制作していく中で、改めて感じられたことはありますか?

A.この度思いもかけず、大変貴重な経験をさせて頂きました。この絵を作成するにあたり大切にとっておいた友人からの年賀状を懐かしく眺めながら、とても暖かい気持ちになりました。最近ではSNSなどで瞬時にたくさんの人へメッセージを送る事ができますが、一筆一筆に相手の事を思いながら書く年賀状の良さを改めて感じています。私のイラストが少しでもお役に立てると嬉しいです。

Making

制作風景

普段はご自宅でPCに向かい作業する事が多いのですが、外出先にてタブレットでラフを描き、家でラフデータをPCに取り込み仕上げることもあるそうです。その様子をちょっとだけ拝見させて頂きました!
気さくでとても楽しくお話しして下さる、ろこるさんとの時間はあっという間に過ぎ去ってしまいました(T_T)

ろこる制作風景1

ラフ段階から、2019等の文字含め構図を決めて描いていきます。
10代の若い子たちにもとっつきやすい、手にとってもらえるような年賀状になるといいな、と思いながら描きました。

制作途中の下絵も、
とっても魅力的でした!

ろこる制作風景サブ2

2

ろこる制作風景1

下書きを薄く調整した上にペン入れ、色を別レイヤーに加えていきます。通常だと線画の下のレイヤーに色を塗ることが多いのですが、線画の上から色を足すことで、絵に厚みが出るので楽しい過程でもあります。

3

ろくる制作風景1

できました!
女の子の年齢のイメージは18、19ぐらい。
背景には他の年の干支のぬいぐるみたちが並んでいます!

こちらのデザインのイメージは“背中で語る女の子”とのことです。

ろこる制作風景サブ2

ろこるさんが制作した、
キュートでかっこいい女の子たちの年賀状はこちらです!

えとぐるみ

えとぐるみ

DARUMA

DARUMA

Creator No.7

umeya

梅屋モリカナエ

消しゴム版画作家

福岡県生まれ・在住
2006年、亥年の年賀状から独学で「消しゴム版画」の制作を開始。版画の風合いや、紙の質感、アナログならではの柔らかさを活かした紋様、パターン、動物キャラクター、文字デザインを得意としている。

umeyaキービジュアル

Interview

Q.消しゴム版画はどこかで習われたのですか?

A.私が始めた頃はまだ流行っていなかったので、本屋の片隅にキットがあり、そのパッケージの裏に作り方が書いてあったので、そこから独学で作り始めました。

Q.制作中、一番楽しいのはどの工程ですか?

A.インクを付けて捺している時!と紙や色を選んでいる時!です。彫っているときは仕上げることしか考えていないので、黙々と作業します。作品作りは、8割が苦しい時なので、1~2割の喜びのためにやっているようなところがありますね。

Q.作品作りで行き詰った時は何をしますか?

A.休むようにします。旅行に行くなど遠出をしたり、美術館に行ったり、散歩をしたり…全然関係ない本を読んだりすることもあります。例えば、経済書や心理学、社会学の本とか。旅行は一人で行くのが好きです。予定をその日に立てても誰にも文句を言われないので(笑)。定期的に遠出するようにしています。

Q.ご自分の年賀状はどうしていますか?

A.消しゴム版画で作っています。今回の年賀状デザインは、自分の作りたいものに近かったんです。こういう機会をいただけるようになったことが嬉しいです。

梅屋モリカナエ制作風景1

これまでの年賀状の数々を見せていただきました!

Making

制作風景

独学で消しゴム版画の制作を始め、現在はワークショップにて大人から子供まで幅広い方々に消しゴム版画の楽しさを伝えている梅屋モリカナエさん。福岡のギャラリーにて、梅屋モリカナエさんの企業秘密たくさん?の制作風景をちょっぴり覗かせていただきました。

梅屋モリカナエ制作風景1

【資料集め&下絵】
資料を集め、大まかな配置を決めます。思いつくまま下絵をザクザク描き、練り消しとシャープペンを使って線を整えていきます。
消しゴムハンコを作る時には、練り消しは必須アイテムです!!


2

梅屋モリカナエ制作風景1

【トレース&転写】
トレーシングぺーパーと鉛筆を使い、下絵をなぞります。トレーシングペーパーに写した下絵を消しゴム板に転写します。


3

梅屋モリカナエ制作風景1

【彫り&試し捺し】
カッターナイフと彫刻刀を使って、ひたすら、ひたすら彫ります…。彫り上がったら試しに捺して見て、調整していきます。

カッターは先端30 度角のものをよく使うとのことです。

梅屋モリカナエ制作風景サブ2

4

梅屋モリカナエ制作風景1

【色決め&紙決め】
版が出来上がったら、実際に使う紙や色(色の組み合わせ)を決めます。サクッと決まる時もあれば、悩んで決まらない時も有り…。

カラフルなインクをたくさんお持ちです。

梅屋モリカナエ制作風景サブ2

5

梅屋モリカナエ制作風景1

【本捺し&データ制作】
予備も含めて、数枚摺ります。一番良い摺りを選び、データとして取り込み、Photoshopにて加工、調整をして…完成です!

とってもかわいい、
コロコロうり坊のハンコ

梅屋モリカナエ制作風景サブ2

梅屋モリカナエさんの熟練の技とこだわりがつまった、消しゴム版画年賀状はこちらです!!

松竹梅イノシシ

松竹梅イノシシ

コロコロうり坊

コロコロうり坊

Creator No.8

isobe

いそべRYO

クリエイター(エイブルアートカンパニーのカンパニーアーティスト)

子どもの頃から絵を描いていたが、次第に〈車〉に興味を持ち、多くの絵が〈車〉をモチーフにしたものになる。そのほとんどに〈シート〉があるが、これは「おもしろいデザインの車に、たくさんの人たちが楽しく乗れたら…」という想いが込められている。

isobeキービジュアル

Interview

Q.作品の制作はいつごろから始められたのですか?

A.小さいころから描いていましたが、中学の美術の先生にちゃんとしたスケッチブックに描いたほうがいいとすすめられ、本格的に描くようになりました。フリースクール楠学園で3年生の時に卒業後の話をしていて、卒業したら絵を描いて仕事にしていきたいと決めました。自分の絵が商品化されるイメージは、そのころから持っていました。

Q.カラフルな色使いがとても魅力的ですが、作品の色使いはどのようにして決めているのですか?

A.写真等を見ながらイメージを膨らませ、直感的に選びます。500色の色鉛筆の微妙な違いをはっきりと使い分けています。

いそべ制作風景1

Q.車の絵を描かれることが多いそうですが、それはなぜですか?

A.子供の頃から車に興味があり、ショールームに出かけたり、カタログを集めたりしていました。描く車の絵は「未来の車」というテーマで、ボタンひとつでセットした所どこでも行ける、自動運転の車です。車に多くの座席を描く理由は、できるだけ多くの人々を乗せたいという思いからです。

Making

Making

制作風景

今回は、いそべRYOさんの多くの作品が生み出されているご自宅にお邪魔し、その制作の過程やこれまで描かれた作品の数々を拝見させていただきました。

1

いそべ制作風景 3

制作時は、まず太いボールペンで輪郭を描き、その後色鉛筆でじっくりと塗っていきます。色鉛筆の色は50種→100種→150種→500種と徐々に増えていきました。

2

いそべ制作風景 3

一つの区画を、一色ずつ隣の色に色を変えて塗っていきます。集中できる環境でないと描けない為、ご自宅で17時から19時ぐらいに制作することが多いそう。7日から10日で1作品が完成するとのことです。

いそべRYOさんの作品に描かれていた、カラフルな座席たち。

いそべ制作風景サブ2

3

いそべ制作風景 3

哲学者 鷲田清一さんの似顔絵を頼まれて描いたことがきっかけで、人物の絵も描くようになったそう。今回は干支である猪の絵を、いそべRYOさんならではのカラフルな色使いで表現してくださいました。

いそべRYOさんの描いた乗り物がデザインされたトートバック。

いそべ制作風景サブ2
イノシシ

イノシシ

いそべRYOさんが描いた、カラフルでスタイリッシュな猪の年賀状はこちらです!

Creator No.9

Shihotakanashi

小鳥遊しほ

Shiho Takanashi

モデル/イラストレーター

イラストレーター/フードコーディネーター/株式会社おもうつぼ代表SNS総フォロワー数10万人超のキャラクター「こまりくま」のLINEスタンプやグッズ展開をはじめ、企業やブランド等の広告製作、その他多数のコラムやレシピ連載を持つなど幅広く活動。

shihotakanashiキービジュアル

Interview

Q.昨年もクリエイター紹介ページにてご紹介させていただきましが、周囲から年賀状やWEBページについて反響はありましたか?

A.誰もがお世話になっている日本郵便さま。そんな大舞台で取り上げていただき、周りの方からは「尊敬の眼差し」をいただきました(笑)。SNSを通しご購入いただいた方からの反響も拝見しましたが、新年の挨拶に私のイラスト(年賀状)を使ってもらえることがこんなにも嬉しいなんて…!と感動したので、今年の制作にも気合が入りました。

shihotakanashiキービジュアル

Q.亥のデザインの誕生秘話はありますか?

A.亥のイラストというのはなかなか描く機会のないものです。描き方によっては結構怖い印象にもなりかねないので、どうしたら可愛く、そして私らしくシュールに描けるか、なかなか難題でした。「亥といえば・・亥といえば・・」と頭をひねり脳内が「いのしし鍋」に至った末の、“部位“バージョンの誕生だったり(笑)茶色の動物なので背景色はポップに仕上げ、カラフルな4種になりました。

shihotakanashiキービジュアル

Q.毎年、年賀状で楽しみにしていることがあれば、教えてください。

A.スマートフォンでのやり取りが増えて「手紙」を受け取ることが減った中で、手で触れることのできる「紙のお便り」である年賀状はやっぱり送るのも受け取るのもキュンとします。

Making

制作風景

昨年の年賀状も好評だった小鳥遊しほさん。今回はご自宅にお伺いし、制作の様子を拝見、デザインの隠れ(?)ストーリー設定までお聞きしてしまいました。小鳥遊さんのお部屋はとってもオシャレで、素敵なデザインやイラストがこのお部屋から生まれるんだ!と納得&感動しました。

takahashiho
takahashiho

1

shihotakayashi制作風景1

迷った時は外に出かけたり、過去の作品や図鑑を眺めます。
…ひらめいた!

shihotakayashi制作風景サブ2

かわいらしいこまりくまのぬいぐるみがお仕事を見守っていました。


2

shihotakayashi制作風景1

昔、ジビエ料理店に頼まれイラストを描いた経験から、ボタンくんが生まれたそうです。ちょっと寂しくてプルプル震えてます。

shihotakayashi制作風景サブ2

真剣な表情で制作中…


3

shihotakayashi制作風景1

小鳥遊しほさんの人気キャラクター、
こまりくまとボタンくんが仲良しに♪
「友達がいない売れ残りのくまのぬいぐるみ」のこまりくまと寂しがりやのボタンくん。ふたりで仲良く新年のご挨拶です。しかし、そんな楽しい時間も長くは続かず…。


4

shihotakayashi制作風景1

お菓子の国に迷い込んだウリボーちゃん、この後、サーカス団に入団する事になるとは誰も知らない。あっ、このウリボーちゃんって…。

shihotakayashi制作風景サブ2

とてもオシャレな仕事場です。足元には芝のカーペットが敷かれていました!

小鳥遊しほさんが制作した、 キュートでちょっとシュールな年賀状たちはこちらです!

がんばるウリボーちゃん

がんばるウリボーちゃん

ずいっとボタンくん

ずいっとボタンくん

おいしいボタンくん

おいしいボタンくん

こまりくまとボタンくん

こまりくまとボタンくん

©SHIHO TAKANASHI

Creator No.10

yasuyo

こころのたね。

yasuyo

フードコーディネーター/発酵食スペシャリスト/ものづくりデザイナー

身体に優しい自然食と発酵食を意識し、心ほぐれるフード作りと丁寧な暮らしをモットーに、日々のお料理や暮らしをInstagramやブログにてご紹介。著書「のほほん曲げわっぱ弁当」発売中。

yasuyoキービジュアル

Interview

Q.作品のアイデアはどのようにして考えていますか?

A.食材をあれこれ思い浮かべながらラフを描き、アイデアを膨らませます。

Q.今回のお弁当もとても華やかでかわいらしいものですが、一般の方でも参考にできるコツなどありますか?

A.お稲荷さんを干支のいのししに変身させるところですかね。ゴマの向きでいのししが癒し顔になるので、少し黒ごまを斜めに付けてみるといいですよ。あと、少しくらい歪んでも逆にそれが愛嬌だと思うので、力まずに楽しんでお料理できるといいですね。

Q.テーブルコーディネートや写真撮影時に気を付けていることはありますか?

A.自然光の半逆光で撮影し、食材に自然な陰影を出すのが好みです。

Q.これから挑戦してみたい作品やお料理はありますか?

A.身体に優しいお料理(レシピ)を考案していきたいと思っています。

Making

制作風景

yasuyoさんの作品は、毎年「郵便局の総合印刷サービス」内で好評をいただいています。本年もご自宅にお伺いして制作のコツを覗かせていただきました!

yasuyo
yasuyo
yasuyo

yasuyo制作風景1

【お料理を盛り付け】
海老の旨煮、ラディッシュの飾り切り、黒豆煮等お正月らしいお料理を準備し、木製のお皿にバランス良く盛り付けていきます。

とってもおりこうな“こつぶちゃん”

yasuyo制作風景サブ2

2

yasuyo制作風景 2

【お稲荷さんをいのししに変身させる】
いのししの耳と鼻はハム、目と鼻は黒ゴマ、背中のラインはのりで表現しています。

ベランダには体に優しい食材の下ごしらえが…

yasuyo制作風景サブ2

3

yasuyo制作風景 3

【完成】
いのししのほのぼの感がかわいらしい、
「いのししプレート」の完成です!

キッチンには、保存食や
スパイスなどがズラリ

yasuyo制作風景サブ2

お品書き

  • ・海老の旨煮
  • ・たたき牛蒡
  • ・昆布巻き
  • ・胡桃ごまめ
  • ・黒豆煮
  • ・蓮根たらこ
  • ・味噌だんご
  • ・瓢箪たまご
  • ・銀杏の塩焼き
  • ・金柑の甘露煮
  • ・飾りかまぼこ
  • ・飾りラディッシュ
  • ・いくら醤油漬け
  • ・なます
  • ・いのしし稲荷

yasuyoさんが制作した、華やかで美味しそうなお料理が年賀状になりました!

亥プレート

亥プレート

亥のわっぱ弁当

亥のわっぱ弁当

亥のおせち弁当

亥のおせち弁当

その他のクリエイター年賀状はこちら!
会員限定クーポン割引バナー
サイトからのお知らせ
2018年12月8日
年賀状・喪中はがき・寒中・余寒見舞いをご注文いただくと、会員割引・WEB割引適用で印刷料金から最大15%OFF!
インターネット専用
お問い合わせ先
0120-910-985 12月31日まで 9:00~20:00 (年内無休) 1月以降 9:00~18:00 (1月1日~3日 土日祝を除く)
年賀状印刷カタログに関する
お問い合わせ先
0120-929-710

会員登録すると便利な
サービスが盛りだくさん

宛名住所録に登録したデータを挨拶状に宛名印刷することができます。
宛名印刷した郵便はがきをお客様に代わり投函する会員限定(無料)サービスです。
挨拶状のご注文時に宛名印刷サービスを申し込むとご利用になれます。
ロゴマーク・写真・地図・QRコードなどを登録しておき、挨拶状や名刺、封筒などにインポートすることができます。