郵便局 そばにいるから、できることがある。 郵便局

郵便局の総合印刷サービス

【挨拶状・年賀状・名刺・封筒・ポストカード印刷】

年賀状の宛名印刷サービスとは?簡単便利な利用方法と注意点

年賀状の宛名印刷サービスとは?簡単便利な利用方法と注意点

年賀状の宛名印刷にはどのようなサービスが存在するか、皆さんはご存じでしょうか。
「年賀状の宛名印刷を頼みたい」「宛名の登録を行い、自分で年賀状を印刷したい」といった方々への要望に応えて、簡単に利用できるサービスが郵便局から提供されています。
今回は、宛名印刷した年賀状を注文できる「郵便局の総合印刷サービス」について、詳しく解説いたします。

年賀状における宛名印刷サービスの基礎知識

まずは、宛名印刷サービスを利用する上での基礎知識について、触れていきたいと思います。

年賀状に宛名を記載するには、手書きで記入する、パソコン用ソフトを使って家庭用プリンターで宛名を印刷する、そして、業者の宛名印刷サービスを利用するという三つのパターンがあります。
パソコンを使う場合、たとえばOffice系ソフトのExcelで住所録ファイルのデータを作成し、Wordの機能で宛名を印刷する方法や、市販の専用ソフトやフリーソフトを使って印刷する方法がありますが、業者を使った宛名印刷サービスのメリットとしては「年賀状の作成を大量に素早く済ませられる」という点が挙げられるでしょう。
年賀状を大量に作成する際、家庭用プリンターでは1枚ずつ印刷するため、時間が掛かることに加え、印刷中にインクを使い切ってしまう可能性もあります。
また、手書きにするとさらに時間が掛かることでしょう。

宛名印刷サービスを利用すれば、大量に発注しても5営業日(年賀状印刷に2営業日、宛名印刷に3営業日)以内で出荷される上、投函まで代行してくれるオプションもあります。
手書きによる書き損じや、家庭用プリンター使用時の印刷ミスが発生しないことも宛名印刷のメリットです。宛名印刷サービスの場合、当然ながら印刷ミスは納品されないため、金額的な無駄も発生しません。
また、仕上がりがきれいであることも、宛名印刷サービスを使う利点です。
家庭用プリンターで印刷するよりもかすれやインク染みが少なく、テンプレートを使用するため、文字の大きさや段組みを気にしないで作成できる点は魅力です。
余計な手間やストレスを感じることなく、宛名の入力だけに集中することができます。

宛名印刷をご利用できる絵柄一覧へ

年賀状が宛名印刷できる「郵便局の総合印刷サービス」

宛名印刷ができる「郵便局の総合印刷サービス」を利用することで、年賀状印刷をスムーズに注文することができます。

「郵便局の総合印刷サービス」とは、インターネット上で簡単に印刷の注文ができる便利なサービスです。年賀状以外にも、喪中はがきや寒中見舞い、余寒見舞い、暑中見舞い、残暑見舞い、挨拶状(個人向け/法人向け/法要)、名刺、封筒をつくることができます。
https://print.shop.post.japanpost.jp/doc/guide/beginner/kaiin/

新規会員登録をするだけで、マイページ上で宛名住所録を作成することができるほか、マイ画像BOXに会社のロゴ、地図、写真などの画像データを登録できるようになります。
https://print.shop.post.japanpost.jp/

新規会員登録は、無料で行うことが可能です。会員になると会員専用の「マイページ」のログインが可能になり、すぐに宛名印刷サービスを使用できます。
「郵便局の総合印刷サービス」の宛名住所録に登録できる住所データ(カード)は3,000件まで。登録した住所データは、ご注文の際に入力フォームへインポート(取り込み)したり、宛名印刷に利用したりすることができます。また、作成した住所録をCSV形式のファイルでエクスポート(書き出し)することも可能です。そのほか、登録後は「名前」や「会社名」などで検索することができ、グループ化して編集する機能も付いています。
「郵便局の総合印刷サービス」で宛名印刷を行う際には、住所録に登録したデータをそのまま用いて、宛名印刷を行うことが可能です。自分の住所は自宅、または会社のいずれかを選べます。
宛名仕様で書体(フォント)を選択し、投函代行サービスの利用の有無を選ぶと、内容確認の画面に移ります。(宛名は縦書きになります)
確認画面では、実際の宛名印刷のイメージを一覧表示で見ることができ、宛名を編集することが可能です。

「郵便局の総合印刷サービス」利用時の注意点

とても便利な「郵便局の総合印刷サービス」ですが、宛名印刷の利用時にはいくつか注意したい点があります。

宛名印刷には、別途料金(基本料金1,100円と、年賀状1枚につき31円)が必要となります。
会員登録や、投函代行サービスは無料ですが、枚数によってどれくらいの金額が発生するか、事前に確認しておくようにしましょう。
また、納期にも注意が必要です。注文時に選べる「発送」は通常納期+3営業日以内の発送が目安です。「発送」とは自宅など指定した場所への納品のことで、投函は自分で行う形式です。宛名印刷後、添え書きなどを手書きで行いたい場合におすすめです。
「投函代行」サービスをオプションで付ける場合は、 通常納期+3営業日以内に発送という納期になります。年賀状の宛名印刷の受付には締め切りがあり、期日の12月23日を過ぎると受け付けてもらえないため、早めに準備を進めるようにしましょう。
また、宛名や住所は正確に登録しないと、宛先不明で届かない可能性があります。相手の役職や住所が変わっている可能性があるため、注意が必要です。印刷を発注する前に、改めて内容を確認するようにしましょう。
宛名印刷を注文する場合は、早めに宛名住所録を準備することが大切です。年賀状の引受は、12月中旬頃から開始されます。
宛名住所録を早めに用意することで、年賀状印刷の受付が始まってからすぐに対応できるようになります。「発送」を選んで自宅へ納品する場合の時期が早くなると、添え書きなどの作業にも余裕が持てます。あらかじめ、投函予定から逆算した上で、どれくらいの日数が掛かるかを見積もっておくと良いでしょう。
印刷完了した年賀はがきが納品されたら、住所や名前に間違いがないか、改めて確認するようにしましょう。万が一、間違いがあった場合に対応できるよう、予備の年賀はがきを手元に用意しておくと確実です。投函代行サービスを利用する場合、完成物は自宅に納品されず、そのまま投函されるため、非常に便利です。その代わり、納品物を直接確認することはできません。必ず注文時の画面で宛先の確認を行うようにしましょう。
投函代行サービスは、投函完了のお知らせがメールで通知される仕組みになっています。いつ投函を済ませたか、後日確認ができるので安心です。

「郵便局の総合印刷サービス」を利用することで、有料のソフトを購入しなくても、簡単に宛名印刷ができるようになります。
忙しい年末年始、住所録の登録や印刷をスムーズに行えれば、手書きで行う添え書きにしっかりと時間を割くことができるようになるでしょう。
ぜひ真心のこもった一通を、お世話になった方々に届けていただければと思います。

宛名印刷をご利用できる絵柄一覧へ

年賀状お役立ち情報

会員限定クーポン割引バナー
サイトからのお知らせ
2019年12月7日
年賀状・喪中はがき・寒中見舞いをご注文いただくと、会員割引・WEB割引適用で印刷料金から最大15%OFF!
インターネット専用
お問い合わせ先
0120-910-985 12月31日まで 9:00~20:00 (年内無休) 1月以降 9:00~18:00 (1月1日~3日 土日祝を除く)
年賀状印刷カタログに関する
お問い合わせ先
0120-929-710

会員登録すると便利な
サービスが盛りだくさん

宛名住所録に登録したデータを挨拶状に宛名印刷することができます。
宛名印刷した郵便はがきをお客様に代わり投函する会員限定(無料)サービスです。
挨拶状のご注文時に宛名印刷サービスを申し込むとご利用になれます。
ロゴマーク・写真・地図・QRコードなどを登録しておき、挨拶状や名刺、封筒などにインポートすることができます。