郵便局 すべてを、お客さまのために。 郵便局

郵便局の総合印刷サービス

【挨拶状・年賀状・名刺・封筒・ポストカード印刷】

年賀状を連名で記載するには?宛名や差出人の正しい書き方と注意点

年賀状を連名で記載するには?宛名や差出人の正しい書き方と注意点

年賀状を送る際には、はたして連名を記載してもいいのでしょうか。
一言で「連名」と言っても、恩師など目上の方と奥様に送る場合や、家族ぐるみの付き合いをしている、取引先の同一部署内で複数の方々とやり取りしている……など、さまざまなケースが考えられます。
宛名と差出人のどちらを連名にするかによっても注意すべき点が少し変わってきますので、両方について解説していきます。

年賀状の連名の書き方【宛名編】

まずは、宛名を連名で記載する際の正しい順番や、敬称の用い方を確認していきましょう。

宛名を連名で記載するときの正しい書き方

連名で宛名を書いて年賀状を出す際には、まず世帯主をフルネームで書きます。
縦書きの場合、右から左へ、世帯主、配偶者(パートナー)、子供の順番で書くのが正しい書き方です。宛名を横書きにする際には、上から下の順に書いていきます。
続けて記載する配偶者や子供の名前は、姓を省いて名前のみ書きましょう。夫婦別姓などの場合は、姓を揃えて書いて構いません。
基本的には「世帯主」「配偶者(パートナー)」「子供」の順と覚えておくと良いでしょう。

敬称は一人ひとりに付ける

敬称は、世帯主、配偶者、子供の全員にそれぞれ付けるのが礼儀です。
敬称の省略は相手への失礼に当たるため、忘れずに記載するようにしましょう。

子供の敬称は関係性で決める

家族ぐるみで付き合いがあるケースなど、親しい間柄であれば、子供の敬称には「くん」や「ちゃん」などを用いても構いません。相手のご家族との関係性を踏まえた上で、判断しましょう。

注意するポイント

仕事の関係先に送る場合、宛先を連名にしない方が良いとされています。
複数名に送る場合は、できるだけ全員へ個別に送るのが基本ですが、難しい場合は部署宛てに送るようにしましょう。部署宛ての年賀状は「営業部御中」のように部署名を記載します。
同じ部署に所属されている方が複数人いる場合、連名で送ると失礼に感じる方もいらっしゃいます。全員へ個別に送るか、部署宛てに送るのが基本です。
また、株式会社、合同会社などの表記や社名は略さずに書きます。肩書きや役職が長くても、省略してはいけません。

横書きの場合、記載方法は縦書きに準じる

横書きは必ずしもマナー違反ではありませんが、上司や先輩、先生といった目上の方への宛名書きは、原則として縦書きにしたほうが良いとされています。
記載方法は縦書きの連名と同様で、2人目以降は、下段へ続けて記載します。

宛先の家族が多い場合は「ご家族様」などを利用できる

連名にすると記載する人数が多く、宛名面に書ききれなくなるケースについては「ご家族様」と記載することができます。
家族の名前が不明なときにも利用できる書き方ですので、活用しましょう。
二世帯住宅に送る場合は、各世帯に分けて出したほうが望ましいとされています。

年賀状デザイン一覧へ

年賀状の連名の書き方【差出人編】

続いては「差出人」を書く際の連名の書き方です。基本的には宛名を書く場合と同じ考え方ですが、細かく確認していきましょう。

差出人を夫婦・家族連名にして送るほうが良いケース

お互いの配偶者や家族に面識がある時には、「夫婦・家族連名」で送った方が良いでしょう。
また、相手から夫婦・家族連名の年賀状が届いた場合も同様です。
目上の方へ年賀状を出す際にも、「夫婦・家族連名」で送るようにしましょう。

差出人を個人名にしたほうが良いケース

仕事の関係者へ年賀状を送る場合は、なるべく個人名を記載して送りましょう。
お互いの配偶者や、家族に面識がない時にも個人名の方が無難です。
仕事関係以外でも、個人的に付き合いがある方へ送る際には個人名で宛名を書きます。

差出人を連名で記載する際の注意点

・世帯主をフルネームで書き、姓が同じ場合、2人目以降は姓を省略します。
名前を記載する順番は、宛名の場合と同様です。縦書きの場合は右から左へ「世帯主」「配偶者(パートナー)」「子供」の順に書きます。横書きは、上から下の順に書くのが正しい書き方です。
夫婦別姓などの場合は、宛名同様に姓を揃えて書きましょう。

・表面に書ききれない場合は裏面に記載する
差出人は通信面(裏面)と宛名面(表面)のどちらか一方のみに記載するだけで大丈夫です。
裏面に差出人を書く場合は、縦書きでも横書きでも失礼には当たりません。

「郵便局の総合印刷サービス」なら年賀状の宛名でもう迷わない

細かいマナーを押さえないといけない連名の記載方法ですが、「郵便局の総合印刷サービス」を利用することで間違いを防ぐことができます。

「郵便局の総合印刷サービス」とは?

インターネット上から一括で、はがきの注文、作成、印刷、投函まで行えるサービスが「郵便局の総合印刷サービス」です。
送れるはがきは、年賀状や季節の挨拶状まで多岐にわたり、喪中はがき、寒中見舞い、余寒見舞い、暑中見舞い、残暑見舞いといった種類が含まれます。

「郵便局の総合印刷サービス」利用の流れ

STEP1:年賀状のデザイン・文面選び

会員登録後に、はがきの背景の絵柄やデザイン、挨拶文などを選びます。
文面が固定されているものや、挨拶文を使用しないタイプもあります。
豊富なデザイン例・文例から選ぶことができるため、連名をはじめとした年賀状の正しい表記方法で迷わずに済むのが大きなポイントです。

STEP2:宛名印刷

登録した住所データから、宛名を印刷することが可能です。
事前に登録を済ませておけば、宛名の記載方法の誤りや、手書きによる誤字・脱字などを避けられるため、仕事関係の方や目上の方へ年賀状を送るときにも安心です。
利用の際には別途料金(基本料金1,100円と、年賀状1枚につき31円)が必要となりますが、とても便利なサービスです。

STEP3:投函代行

「郵便局の総合印刷サービス」では、年賀状の投函を代行してもらうことができます。
宛名印刷を利用した会員限定の無料サービスで、宛名印刷を注文する際に投函代行を依頼するか選べます。
年賀はがきは、例年12月25日までに投函すると元日に送ることができます。総合印刷サービスでの宛名印刷の受付は12月25日までですので、元日までに届けたい人は早めの注文を済ませるようにしましょう。

年賀状に連名を書く際には、記載順や敬称に注意が必要

今回は、「年賀状の連名の書き方」に関する知識をお伝えしました。
差出人の名前を書く時に「連名だと失礼ではないか」と悩んでいる方も多いかもしれませんが、記載順や敬称などのルールに従って記載すれば問題ありません。
心配な方は、「郵便局の総合印刷サービス」を利用すれば間違いを防ぐことができますので、ぜひ検討してみてください。

年賀状デザイン一覧へ

年賀状お役立ち情報

会員限定クーポン割引バナー
サイトからのお知らせ
2021年11月6日
年賀状・喪中はがきをご注文いただくと、早期割引・Web割引適用で印刷料金から最大15%OFF!(※12/6まで Web割引適用商品は「Web割引」アイコンが付いています
インターネット専用
お問い合わせ先
0120-910-985 12月31日まで 9:00〜20:00 (年内無休) 1月以降 9:00~18:00 (1月1日~3日 土日祝を除く)
年賀状印刷カタログに関する
お問い合わせ先
0120-929-710

会員登録すると便利な
サービスが盛りだくさん

宛名住所録に登録したデータを挨拶状に宛名印刷することができます。
宛名印刷した郵便はがきをお客様に代わり投函する会員限定(無料)サービスです。
挨拶状のご注文時に宛名印刷サービスを申し込むとご利用になれます。
ロゴマーク・写真・地図・QRコードなどを登録しておき、挨拶状や名刺、封筒などにインポートすることができます。