郵便局 そばにいるから、できることがある。 郵便局

郵便局の総合印刷サービス

【挨拶状・年賀状・名刺・封筒・ポストカード印刷】

年賀状はいつまでに投函する?元日に間に合う進め方と基本マナー

年賀状はいつまでに投函する?元日に間に合う進め方と基本マナー

年賀状シーズンが近づくと気になるのは、投函するまでにどのような準備が必要になるのか、いつまでに投函すれば良いか、ということでしょう。
今回の記事では「元日に届けるためには?」「年明けはいつまで出せるの?」といった年賀状の引受期間についての詳細を解説。また、年賀はがきの購入から投函までの流れ、そして文章や宛名を書く際の基本的なマナーから喪中のときの対処法など、年賀状を書き始める上で押さえておきたいポイントも併せてご紹介します。

年賀状の投函と返信はいつまで?

年賀状はいつまで投函できて、相手から届いた年賀状に対してはいつまでに返信すれば良いのでしょうか。改めて確認していきましょう。

年賀状を元日に確実に配達してもらえる期間

例年、年賀状が引受開始されるのは12月15日です。
「年賀状を元日に配達してもらいたい」という場合には、12月15日から25日の間に出す必要があります。12月25日までに投函した年賀状は元日に配達されますが、地域によって集荷の時間は異なるため、必ず最終の集荷時刻に間に合うようにしましょう。
12月26日以降に投函した年賀状は元日に間に合わない可能性が出てきますので、なるべく早めに準備を進めるようにしたいものです。
また、受付期間が始まる前に投函してしまうと一般の郵便物と同様に扱われてしまうため、早ければ投函した翌日には相手に届いてしまいます。必ず、12月15日以降に投函するようにしてください。

年賀状を返信して良い期間

こちらが年賀状を出していない相手から年賀状が届いた場合には、松の内(1月1日~1月7日)までに投函すれば失礼ではありません。
通常の年賀状には消印がありませんが、1月8日以降に投函した年賀状には消印が押されますので、気になる方は早めの返事を心掛けてください。
1月8日以降に返信する場合は、季節のご挨拶として「寒中見舞い」を送るようにしましょう。寒中見舞いは、松の内が明けてから、節分(2月3日)頃までに届くように投函します。立春(2月4日)を過ぎると「余寒見舞い」になりますので、注意が必要です。

喪中のときの対処法

近親者に不幸があった際には、「喪中はがき」を出すことになります。喪中はがきは年賀欠礼状とも呼ばれ、喪中のために年賀状を控えることをお知らせする挨拶状です。二親等以内が亡くなった場合は喪中と考えるのが一般的で、年賀状を書き始める前の時期である11月から12月初旬までに送るのがマナーとされています。
一方で年内に急な不幸があり、喪中はがきを出す時期に間に合わなかった、あるいは忙しくて12月初旬までに送りそびれてしまったという方は、年明けの松の内を過ぎた1月8日以降に、寒中見舞いを出してお知らせするようにしましょう。
喪に服す期間は、亡くなってから約1年間(13カ月の場合もあります)です。亡くなった日がその年の前半でも後半でも、翌年の年始は喪中に当たるため、喪中はがきを送るのが礼儀です。

年賀状デザイン一覧へ

年賀状の準備の流れ

続いて、「年賀状を出すまでの大まかな流れ」について、順を追って説明していきます。

年賀はがきの購入

例年、お年玉付き年賀はがきが発売される時期は、11月初旬から翌年の1月初旬までです。
自宅のプリンターで写真を印刷したい、と考えている方は「インクジェットはがき」を購入すると良いでしょう。
「早めに年賀状を書かないと」と考えていたものの、用事が重なって準備を先延ばしにしてしまった……というのはよく起こり得ることです。
余裕を持って、11月に入った頃から準備を始めるのがおすすめです。

年賀状の印刷

年賀はがきを購入したら、次は年賀状のデザインを決定し、印刷する必要があります。
自宅で印刷することが難しい場合は、業者に依頼しましょう。ネットやコンビニをはじめ、さまざまな方法で注文が可能であり、デザインだけでなく宛名の印刷を注文することも可能です。
金額と納期は業者によって異なるため、事前に確認することが大切です。
早めの時期に手配することで割引を受けられる場合もあるので、あらかじめ比較・検討を進めていきましょう。

メッセージを書いてポストへ投函

手元に年賀状の準備ができたら、大切な人に1枚ずつメッセージを書いていきましょう。
年賀状を送る枚数が多ければ多いほど、メッセージを書く作業は時間がかかります。
できるだけ早めに着手するように心掛けたいものです。
宛名と文面の確認を終えたら、いよいよ投函です。
年賀状の配達日については前項でも触れましたが、12月25日までに出すことで、元日に相手方へ届けることができます。

年賀状を書くときの基本マナー

年賀状には、送り先との関係によって使ってはいけない言葉や、目安とされる書き方があります。

文章の基本的な組み立て方

年賀状に書く文章は、主に「賀詞・挨拶」「前文」「本文」「結びの言葉」の4つの要素で構成されます。
「賀詞・挨拶」は、冒頭に書くお祝いの言葉で「謹賀新年」「恭賀新年」「賀正」「寿」といった例が代表的です。
「賀正」「寿」といった語は略語に当たり、上司や先輩など目上の方に対して使うことは好ましくないため、「謹賀新年」のような4文字以上の語を使用するのが好ましいとされています。
続いて、前文では「旧年中は大変お世話になりました」といった感謝やお礼などを記した上で、本文では近況や今年の抱負などに触れます。
結びの言葉は「ご自愛ください」「ご活躍を祈念します」など、相手の健康や幸せを祈り、締めくくりましょう。「今年もよろしくお願いいたします」といった文も、結びにはよく用いられます。

言葉の使い方のルール

年賀状の文面において、ありがちな間違いや、避けた方が良い言葉があるのをご存知でしょうか?
まずは「元旦」という言葉について。元旦は、「1月1日の朝」を指すため、「1月1日 元旦」といった表記は誤りです。
また、「新年あけましておめでとうございます」は、「新年」と「あけまして」が重複した意味になるため、間違いです。「あけましておめでとうございます」もしくは、「新年おめでとうございます」といった正しい表現を使うようにしましょう。
重ね言葉だけでなく、忌み語についても押さえておいた方が良いでしょう。
年賀状は新年を祝うことが目的です。「失」「去」「絶」「死」「別」といった語は縁起が悪いため、避けるようにしてください。「去年」ではなく、「旧年」と書くようにしましょう。

宛名の書き方

最後に、意外と知られていない「宛名の書き方」について、覚えておきたい知識をご説明します。

宛名について詳しく述べる前に、年賀はがきの表裏について確認しておきましょう。
本記事をご覧のみなさんは、年賀はがきのどちらが表でどちらが裏なのか、ご存知でしょうか?
年賀状に限らず、はがきは宛名を書く面が表、文章やイラストを載せる面が裏になります。
さて、いざ表面に宛名を書こうとする時に迷ってしまうのは、縦書きと横書きのどちらが良いのかということ。日本語は本来、縦書きが正式なため、目上の方や親類、取引先への年賀状は表面と裏面、いずれも縦書きの方がよりフォーマルで正しい書き方になります。縦書きの場合、数字は算用数字ではなく、漢数字が一般的であることも注意点です。親しい間柄の相手に出す年賀状は、横書きでも問題ありません。

相手の宛名には、必ず敬称を付けるようにしましょう。個人には「様」、会社名や部署名には「御中」を用います。役職名を記載する場合には、様を付ける必要はありません。「〇〇〇 社長様」「〇〇〇 本部長様」は間違いになりますので、気を付けてください。
仕事に関連した相手や、目上の方に送る年賀状の場合、都道府県を省いたり、「株式会社」を「(株)」と略して書いたりすることは避けた方が良いでしょう。
裏面に自分の住所と氏名を記載する場合は、表面に書く必要はありません。

年賀状を送る上ではいろいろなルールがあります。
こうした決まりの数々は、全て私たち日本人が長い歴史の中で培ってきた、相手に対する「気遣い」が元になっています。この書き方でOKかな?と迷った時には、本記事を参考にしつつ、あなたがその年賀状を貰ったらどう思うかを感じてみてください。

年賀状デザイン一覧へ

年賀状お役立ち情報

会員限定クーポン割引バナー
サイトからのお知らせ
2019年9月2日
年賀状・喪中はがき・寒中見舞いをご注文いただくと、早期割引・WEB割引適用で印刷料金から最大20%OFF!(※11/5まで)
インターネット専用
お問い合わせ先
0120-910-985 9:00〜18:00(土日祝を除く)
年賀状印刷カタログに関する
お問い合わせ先
0120-929-710

会員登録すると便利な
サービスが盛りだくさん

宛名住所録に登録したデータを挨拶状に宛名印刷することができます。
宛名印刷した郵便はがきをお客様に代わり投函する会員限定(無料)サービスです。
挨拶状のご注文時に宛名印刷サービスを申し込むとご利用になれます。
ロゴマーク・写真・地図・QRコードなどを登録しておき、挨拶状や名刺、封筒などにインポートすることができます。