郵便局 そばにいるから、できることがある。 郵便局

郵便局の総合印刷サービス

【挨拶状・年賀状・名刺・封筒・ポストカード印刷】

年賀状に添える一言文例集 - 相手に失礼なく送るためのポイントは?

年賀状はいつまでに投函する?元日に間に合う進め方と基本マナー

みなさんは年賀状を出す際に、手書きの一言メッセージを書かれていますでしょうか。
感謝の気持ちや近況報告、健康面への気遣い......。伝えたいことはたくさんあっても、いざ書こうとするとどのような言葉を選べば良いか、意外と迷ってしまうことは多いもの。
本記事では、年賀状に添える一言の文例を、ビジネス関連、親族、友人など、相手別に分けてご紹介。メッセージを書く際のポイントや注意点、気を付けたいマナーについても幅広く解説します。

年賀状に一言添えるときのポイント

年賀状に添える手書きの一言には、大きな意味があります。
基本的なポイントと合わせて、ご紹介します。

年賀状は新年をお祝いし、相手の健康や幸せを祈念するものです。
できれば印刷されたメッセージだけなく、手書きで一言、添え書きをすると大変喜ばれます。
手書きのメッセージを添えることで、一通の年賀状に独特の温かみが加わります。
日頃の感謝など、その人に対して感じている気持ちがより伝わりやすくなることは、間違いありません。
手書きで添え書きを書くときに気を付けたいのは、「年賀状に印刷されているメッセージと同じ文言を書かない」ことです。「あけましておめでとうございます」と大きく印刷されているのに、手書きの一言が「おめでとー!」になっていたとしたら、受け取る側は違和感を覚えてしまうでしょう。
重複する文言ではなく、できれば送る相手に関連したメッセージ(近況報告や抱負、仕事や趣味の話、相手を気遣う言葉など)が望ましいといえます。

年賀状デザイン一覧へ

年賀状に書く一言メッセージの注意点

続いて、一言メッセージを書く上で注意したい事柄について、順を追って見ていきましょう。

まず、頭語・結語について。頭語・結語は、手紙における「こんにちは」「さようなら」に当たる挨拶のようなものです。「拝啓」と「敬具」「謹啓」と「謹言」のような組み合わせがありますが、年賀状にはこうした頭語・結語を書く必要はありません。
また、「新春の候」といった時候の挨拶も不要です。
次に、忌み言葉を避けるようにしましょう。「忌み言葉」とは、不吉なことを連想させる言葉を指し、「死」「別」「失」「去」「絶」などがあります。年賀状のようなお祝い事の時に使うのは縁起が悪いため、使わないように気を付ける必要があります。特に、去年の「去」は避け、「昨年」「旧年」と言い換えるようにしましょう。

また、印刷するメッセージも含め、句読点(、。)は入れないのが通例です。
日本語が縦書き文化だった時代の名残が理由とされていますが、句読点がないと読みにくくなってしまう箇所は、少しスペースを空けて書くようにすると良いでしょう。
メッセージについては、新年の挨拶ということもあり、できるだけネガティブな内容を避けるようにしたいものです。
年賀状は本人だけでなく、相手の家族も目にする可能性があります。
受け取る本人が、家族に知られたくない内容についても書くことを避けるようにしたいものです。
「離婚」「病気」といった事柄について年賀状で伝える必要がある場合は、相手が心配したり、不快になったりする表現を避けて、名前の近くにさりげなく添え書きする程度にとどめておいた方が良いでしょう。

年賀状に添える手書きの一言文例集

本項では、実際に年賀状に添える「手書きの一言」の文例をビジネス関連、親戚、友人など、相手別にご紹介します。
送り先に合ったメッセージを心掛けるようにしたいものです。

一般的な一言

旧年中は大変お世話になりました
本年も変わらぬお付き合いをよろしくお願いいたします
本年も良い一年となりますように

会社の人への一言

上司や先輩に送る場合の文例

いつも親身なご指導ありがとうございます
今年は人間的にも成長できればと思います

日々のご指導ご鞭撻に心から感謝しております
今後も何卒お力添えのほどお願い申し上げます

まだまだ未熟者ではございますが
昨年の経験を生かして精進する所存です

同僚に送る場合

いつもサポートしてくれてありがとう
今年もお互いがんばりましょう

旧年中のご縁に感謝します
今年も切磋琢磨していきましょう

部下や後輩に送る場合

〇〇〇プロジェクトでの活躍、素晴らしかったです
着実な成長を頼もしく感じています

細やかな気遣いにいつも感謝しています
今年もさらなる成長を期待しています

顧客や取引先に送る場合

昨年中は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます
御社のますますのご発展をお祈り申し上げます

旧年中は並々ならぬご厚情を賜り心より感謝申し上げます
本年も変わらぬお引き立てのほどお願い申し上げます

親族への一言

近況報告をする例

〇〇〇も今年の春からいよいよ社会人です
おかげさまで家族一同元気に過ごしております

早いもので長男は今年小学校入学を迎えます
お近くにお越しの際にはぜひ遊びにいらしてください

日頃の感謝を伝える文例

昨年は何かとお心遣いを頂きありがとうございました
皆様のご健康とご多幸を心より願っております

相手を気遣う一言の例

お変わりなくお元気でお過ごしでしょうか
寒い日が続きますがご自愛ください

友人への一言

久しぶりの挨拶の例

ご無沙汰していますがお元気ですか
また食事にでも行きましょう

◯月の連休に帰省します
今年こそ会えるのを楽しみにしています

近況報告をする例

新たな家族が仲間入りしました
また皆で会いたいですね

相手を気遣う一言の例

相変わらず忙しい日々と思いますが
体に気をつけてお励みください

抱負を述べる例

昨年はいろいろとありがとう
今年は飛躍の年にできればと思います

目上の方への年賀状に、一言書く際に気を付けたいのは?

最後に、目上の方に対して、年賀状にメッセージを書く際に気を付けるべき点や、マナーについてご説明します。

会社の上司や先輩、取引先、親類など、目上の方に対してメッセージを書く時には誰しも緊張してしまうものです。
普段、日常的に会っている会社の上司や先輩には「昨年のお礼」や「今年の抱負」「新年のお付き合いに対するお願い」を書くと良いでしょう。
普段あまり会わない目上の方に対しては「ご無沙汰の挨拶」と「相手を気遣う一言」を添えることで、温かみのあるメッセージになるはずです。
また、目上の方に手書きの一言を書く際には色付きのペンを避け、黒い字で書くようにしましょう。特に、宛名と同様に、赤い色でメッセージを書くのは避けるのがマナーです。

「謹賀新年」のような賀詞については、赤い文字を使用したデザインも多く見られます。元来、赤い色が邪気や魔を払う効果を持つと考えられており、祝い事で使われてきたという理由があるためです。しかしながら、手書きの添え書きに関しては「赤=縁起が悪い」と考えられるケースが多いため、避けるようにしたいものです。
また、修正ペンや修正テープを使うのもマナー違反になります。
書き損じた年賀状は、手数料を払えば郵便局の窓口で交換ができますので、間違いのない年賀状を送るようにしましょう。(交換できるのは年賀状の販売期間である11月初旬から翌年の1月初旬まで)
さらにもうひとつ。相手の名前や住所、会社名などに誤字・脱字があると大変失礼です。
せっかくの年賀状が、マイナスの印象を与えることにもなりかねません。必ず確認してから投函するようにしたいものです。

印刷されただけの年賀状は、どうしても形式的な印象を与えてしまいます。
手書きの文章を一言添えるだけで、相手への気遣いや、真心を伝えることができます。新年に届く年賀状は特別なものです。
お世話になった方々や大切な方へ、あなただけの心のこもった年賀状を送りましょう。

年賀状デザイン一覧へ
会員限定クーポン割引バナー
サイトからのお知らせ
2019年9月2日
年賀状・喪中はがき・寒中見舞いをご注文いただくと、早期割引・WEB割引適用で印刷料金から最大20%OFF!(※11/5まで)
インターネット専用
お問い合わせ先
0120-910-985 9:00〜18:00(土日祝を除く)
年賀状印刷カタログに関する
お問い合わせ先
0120-929-710

会員登録すると便利な
サービスが盛りだくさん

宛名住所録に登録したデータを挨拶状に宛名印刷することができます。
宛名印刷した郵便はがきをお客様に代わり投函する会員限定(無料)サービスです。
挨拶状のご注文時に宛名印刷サービスを申し込むとご利用になれます。
ロゴマーク・写真・地図・QRコードなどを登録しておき、挨拶状や名刺、封筒などにインポートすることができます。