郵便局 すべてを、お客さまのために。 郵便局

郵便局の総合印刷サービス

【挨拶状・年賀状・名刺・封筒・ポストカード印刷】

年賀状の正しい書き方
表面(宛名面)裏面(通信面)記入時のマナーと注意点は?

年賀状の正しい書き方 - 表面(宛名面)裏面(通信面)記入時のマナーと注意点は?

普段から抱いている感謝の気持ちを伝えつつ、新年を迎えた喜びと、相手の幸せを祈る年賀状。
いつもお世話になっている職場の関係者や恩師、友人以外に、ご無沙汰している親類や旧友にも送る大切な新年の挨拶ですが、記入する際のマナーについて悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
今回は「表面(宛名面)裏面(通信面)記入時のマナーと注意点」と題して、表面・裏面それぞれの記入時に注意したい点について、解説を行っていきます。毎年の準備に欠かせない、基本的なポイントを押さえていきましょう。

年賀状の表面(宛名面)の書き方

まずは住所、宛名、宛名の敬称、差出人など、宛名面に記載する内容について見ていきましょう。

住所

はがきの右端から、1行分のスペースを空けて書き始めるのが一般的です。宛名よりも小さい字で記載するようにしましょう。
都道府県名、市区町村名、番地、建物名、部屋番号の順に書いていきます。都道府県名を省略しても配達は可能ですが、マナーの観点からすると省略しないほうが望ましいです。
番地の数字は、縦書きなら漢数字、横書きなら算用数字を使うようにしましょう。また、郵便番号についても書き漏れしないように、注意が必要です。

宛名

はがきの中央に大きめの字で記載します。
連名の場合は、縦書きなら右から左に、横書きなら上から下の順に「世帯主」「配偶者(パートナー)」「子供」の名前を書きます。世帯主は氏名(名字と名前)を記載し、配偶者や子供の名前は、姓を省いて名前のみを書きましょう。夫婦別姓などの場合は、姓を揃えて書いて構いません。
敬称を省略すると失礼に当たりますので、必ず全員の名前に敬称を付けるようにしましょう。

敬称の書き分け方

個人宛ての場合には、名前の後に「様」を付けます。
法人(会社や部署)宛ての場合は「御中」が正しい敬称になります。
例:「〇〇株式会社御中」「〇〇株式会社 〇〇部御中」

法人に所属する個人宛ての場合は「御中」を省略します。役職者の肩書きは、名前の前に付けるようにしましょう。
例:「〇〇株式会社 〇〇部 部長 〇〇様」

教師、教授、医師、弁護士、政治家など、特定の職業の方に出す場合は「先生」という敬称を用いることができます。

差出人名

裏面(通信面)に差出人名を記載している場合は、表面(宛名面)には記載しません。
料額印面下にあるスペースに収まるように小さく記載します。宛名よりも大きく書かないように注意してください。

朱書き

朱書きとは、赤い文字で配達に関する事項を記載したものです。
購入した年賀はがきには、あらかじめ「年賀」の朱書きが印刷されているのが一般的ですが、通常のはがきを年賀はがきとして使用する場合には、自分で記載する必要があります。
手書きの場合は、料額印面の下に赤字で「年賀」と書き込んでください。「年賀」の朱書きがないと年内に配達されてしまうため、必ず記載しましょう。

年賀状デザイン一覧へ

年賀状の裏面(通信面)の書き方

続いて、裏面(通信面)の書き方について解説します。裏面には「賀詞」「本文」「日付」「添え書き」といった要素があります。

賀詞

「賀詞」とは、お祝いの言葉のことを指します。年賀状には通常、新年をお祝いする賀詞を書きます。
以下のような言葉が一般的です。

例:
あけましておめでとうございます
賀正
恭賀新春

恩師や職場の上司・先輩といった目上の人や取引先へ送る年賀状には、相手への敬意を含んだ賀詞がより丁寧な印象を与えます。

例:
謹賀新年
謹んで新春のお慶びを申し上げます

また、「賀正」「迎春」「新春」などの2文字の賀詞は簡略化した表現のため、目上の人に対して使うのは避けるべきとされています。
友人や同僚に送る年賀状に、2文字の賀詞を使うのは問題ありません。

本文

挨拶文、感謝の言葉、相手の方へのお祈り、お願いなどを書きましょう。「皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます」といった表現で、賀詞の次に記載します。

日付

本文の最後には、年号もしくは西暦、日付を記載することが一般的です。

例:
令和○年 元旦
令和○年 吉日
令和○年 新春
202○年 1月1日

といった書き方があります。

「元旦」とは、1月1日の朝という意味です。もし、年賀状が1月1日の午前中までに到着しない可能性があるなら、「吉日」や「新春」と記載する方が無難です。
元日に届けるには、例年12月25日までに投函する必要があるため、注意しましょう。

添え書き

裏面の空欄に手書きで一言書き添えるメッセージのことを「添え書き」と呼びます。
添え書きは、送り先に合わせた内容にすると喜ばれやすく、結婚や出産などの近況報告、仕事や趣味など共通の話題が定番です。
「〇〇の習い事を始めました 今年は上達できるよう頑張ります」という風に、短い文章にまとめて簡潔に書くのがポイントです。

年賀状の書き方のマナー

実際に年賀状を書く上でのマナーについては、どのようなものがあるのでしょうか。代表的なものを解説していきます。

原則は縦書きで漢数字を用いる

特に、目上の人へ送る年賀状は縦書きを採用するのが好ましいとされています。
上司、取引先、恩師、親戚の年配者といった方々に年賀状を送る際には、できるだけ縦書きを用いるようにしましょう。
友人宛てなどで横書きにする場合、基本的な記載方法は縦書きと同じになります。

書き損じたら新しいはがきを使う

年賀状は新年のお祝いにあたるため、もし誤字・脱字が生じたら初めから書き直すほうが望ましいです。修正テープや塗りつぶしなどによる訂正は避けてください。
書き損じの年賀はがきを郵便局へ持参すると、新しい年賀はがきや通常はがきに交換することができます。新たに購入するよりも、割安な手数料で交換可能です。

忌み言葉と重複表現を避ける

「忌み言葉」とは、縁起が悪いとされる表現のことです。代表的な例としては「去る」「失う」「衰える」「枯れる」「倒れる」といった語があります。
前年を表すときに忌み言葉である「去年」を使うことはできませんので、「昨年」や「旧年」と記載します。
重複表現とは、意味が同じ表現を重ねて使うことです。NG例をいくつか挙げてみましょう。

重複表現のNG例:
新年あけましておめでとうございます
「新年」には「年があける」の意味があります。

謹賀新年 謹んでお慶び申し上げます
「謹賀」は「謹んでお祝いします」と同じの意味です。

令和○年 一月一日 元旦
「元旦」は「1月1日の朝」のことを指します。

句読点を使わない

年賀状では、句点「。」や読点「、」を文面に使用しません。
句読点を使わない理由にはいろいろな説があり、句読点を「文章を読み慣れない人向けの符号」と捉え、あえて使わないことで送り先の方への敬意を示すとする説や、「文章の区切りを示す符号」を避けることで、年初のご挨拶で「区切りをつけない」という意味合いがあるという説が有力です。
いずれにしても句読点を使うことはできませんので、注意が必要です。

ボールペンの使用はなるべく避ける

年賀状はボールペンを使って書くべきではない、とされています。ボールペンを避ける理由は「細い字よりも太い字のほうが、より縁起が良い」「ボールペンは簡易的な筆記用具のため、大切な新年のお祝いには不適切である」といったいくつかの説があります。
どうしてもボールペンを使用する場合には、青や赤などのカラーインクを避け、黒いインクのものを選ぶようにしましょう。

年賀状にすぐ使える文例

本項では、年賀状で使える文例をいくつかご紹介します。一般的な例をはじめ、仕事関係や友人など、送る相手ごとにまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

一般的な文例

まずは代表的な文例です。新年の挨拶ですので、日頃の感謝の気持ちを伝える内容にしましょう。

旧年中は大変お世話になりました
本年もどうぞよろしくお願いいたします

いつも温かいお心遣いをありがとうございます
今後ともよろしくお願い申し上げます

取引先向けの文例

ビジネス関係者である取引先企業の方には、日頃のお礼や、今後の活躍を祈る表現がふさわしいです。

旧年中は格別のお引き立てを賜り 厚く御礼申し上げます
本年も一層のご愛顧のほど 宜しくお願い申し上げます

旧年中は格別の御厚情を賜り 心より御礼申し上げます
本年もなお一層のご愛顧を賜りますよう お願い申し上げます

友達・同僚向けの文例

友人や職場の同僚に送る年賀状には、最近の出来事や共通の話題などの具体的な内容を盛り込んでも構いません。

昨年はいろいろお世話になり ありがとうございました
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

お陰様で〇〇プロジェクトを成功できました
本年も一緒に頑張りましょう

部下・後輩向けの文例

年次が上がると、部下や後輩向けの年賀状を書く機会も増えます。
「上から目線」の印象を与えないように注意しながら、相手を激励できると理想的です。

いつも〇〇の仕事をしてくれて感謝しています
今年も宜しくお願いします

上司・先輩向けの文例

日頃の指導への感謝や、新年の抱負などを伝えるようにしましょう。

本年も仕事に全力を尽くしてまいります
今後ともご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます

さらなる飛躍の年とするべく努力してまいります
本年もご指導のほど、何卒よろしくお願い申し上げます

親族向けの文例

親族は親しい間柄ではありますが、マナーに気を配った文面を選びたいものです。
祖父母には、相手の体調を気遣う一言を添えると良いでしょう。

お元気でお過ごしでしょうか
どうぞ穏やかな新春をお過ごしください

お体の具合はいかがですか
次に帰省する日を楽しみにしています

結婚・出産報告を兼ねた文例

結婚・出産のあった翌年の年賀状にのみ使用できます。
初めて結婚報告をする場合、名字が変わった人は旧姓を書き添えておくようにします。

昨年○月に結婚し 初めてのお正月を迎えました
お近くにお越しの際はぜひ新居へお立ち寄りください

我が家に新しい家族が加わりました
とても賑やかなお正月を迎えております

親戚や、親しい付き合いの友達に結婚・出産報告をするのは問題ありませんが、中には子どもがいない方や、不妊で悩んでいる方もいるかもしれません。相手への配慮を忘れないようにしましょう。

コロナ禍で「おめでとう」を避けた文例

新型コロナウイルスに不安を抱いている方も多くいらっしゃいます。相手のことを思いやり、寄り添うような一言が望ましいでしょう。なかなか会えない状況が続いていることも多いかと思います。素直な気持ちを伝えると良いでしょう。

本年もよろしくお願い申しあげます
お元気でお過ごしでしょうか
一日も早いコロナの収束を祈りつつ
またお会いできる日を楽しみにしております

年賀状作成から投函まで依頼できる「郵便局の総合印刷サービス」

年賀状を出す際には「郵便局の総合印刷サービス」がおすすめです。
オンライン上で多数のデザイン・文例を選べるので、マナーをきちんと押さえた年賀状をつくることができます。

「郵便局の総合印刷サービス」利用の流れ

「郵便局の総合印刷サービス」は、インターネット上から、一括ではがきの注文から投函まで行える便利なサービスです。
送れるはがきの種類は、年賀状や季節の挨拶状まで幅広いのが特徴です。喪中はがき、寒中見舞い、余寒見舞い、暑中見舞い、残暑見舞いなど、さまざまな種類を網羅しています。
会員登録後は年賀状のデザイン・文面を選び、宛名を印刷し、投函するといった流れで利用します。画面の指示に従って作業を進めていくだけなので、簡単です。

宛名印刷サービスの特徴

登録した住所データから、宛名を印刷することが可能です。
利用の際には別途料金(基本料金1,100円と、年賀状1枚につき31円)が必要となりますが、事前に登録を済ませておくことで、肩書きや正式名称、部署名といった宛名の記載方法の誤りや、宛名書きの手書きによる誤字・脱字などを防ぎやすくなります。
仕事関係の取引先や、恩師をはじめとした目上の方へ年賀状を送るときにも安心なサービスです。

投函代行サービスの特徴

宛名印刷を利用した場合、年賀状の投函を代行してもらうことができます。
宛名印刷を利用した会員限定の無料サービスで、宛名印刷を注文する際に投函代行の利用有無を選べます。
年賀はがきは、例年12月25日頃までに投函すると元日に送ることができます。総合印刷サービスでの宛名印刷の受付は12月25日までですので、元日までに届けたい人はなるべく早めの時期から準備を進め、期日までに注文を済ませるようにしましょう。
受付を過ぎてしまった場合は、手書きで宛名を書いて投函することになります。年賀状を送って良いとされるのは、松の内(1月1日~1月7日)の間までです。特に仕事関係の方々には、先方企業の仕事始めまでに送るのが基本です。なるべく元日(1月1日)に届くよう、早めに出すことを心がけたいものです。

基本的なマナーを押さえつつ、感謝の気持ちを

年賀状を書くに当たっては、相手に失礼がないように注意する必要があります。難しいと感じるかもしれませんが、ここに書かれている基本的なマナーを押さえていれば心配ありません。感謝の思いを述べ、幸せを祈る気持ちが何よりも大切です。
「郵便局の総合印刷サービス」では多数の文例を利用できます。丁寧な表現で、心のこもった年賀状を届けましょう。

年賀状デザイン一覧へ

年賀状お役立ち情報

会員限定クーポン割引バナー
サイトからのお知らせ
2021年9月1日
年賀状・喪中はがきをご注文いただくと、早期割引・Web割引適用で印刷料金から最大20%OFF!(※11/5まで Web割引適用商品は「Web割引」アイコンが付いています
インターネット専用
お問い合わせ先
0120-910-985 9:00〜18:00(土日祝を除く)
年賀状印刷カタログに関する
お問い合わせ先
0120-929-710
その他のお問い合わせ先

会員登録すると便利な
サービスが盛りだくさん

宛名住所録に登録したデータを挨拶状に宛名印刷することができます。
宛名印刷した郵便はがきをお客様に代わり投函する会員限定(無料)サービスです。
挨拶状のご注文時に宛名印刷サービスを申し込むとご利用になれます。
ロゴマーク・写真・地図・QRコードなどを登録しておき、挨拶状や名刺、封筒などにインポートすることができます。