郵便局 そばにいるから、できることがある。 郵便局

郵便局の総合印刷サービス

【挨拶状・年賀状・名刺・封筒・ポストカード印刷】

郵便局の喪中のご挨拶状

    総合印刷TOP > 喪中

2016年の喪中はがき印刷は、12月27日20時をもって

ご注文の受付を終了いたしました。


多くの皆様にご利用いただき誠にありがとうございました。

喪中はがきとは

家族や親戚が亡くなった場合に、毎年年賀状をやりとりしている方々に対し、
喪中のため年賀状を控える旨をお知らせする挨拶状です。
喪中はがきは先方が年賀状を準備を始める11月~12月上旬には届くようにしましょう。

喪中はがきの書き方

  • 1.「拝啓」「敬具」などの頭語・結語は不要です。また、一般的に文章内で句読点は使用しません。
  • 2.「年賀」「お慶び」などのおめでたい言葉の使用は避けましょう。
  • 3.故人の名前、亡くなった日付(時期)・年齢、差出人からの続柄等を明記しましょう。
  • 4.年賀欠礼を伝えるための挨拶状ですので、その他の近況報告(結婚、誕生、転居など)は控えます。近況報告をしたい場合は、松の内(元旦~1月7日)を過ぎてから寒中見舞いはがきを送りましょう。

喪中はがきに関するQ&A

  • Q:誰が亡くなったら喪中になるのでしょうか?

  • A:一般的には、本人から二親等以内の親族が亡くなったときには喪中としますが、
          故人との親交の深さや同居の有無により、三親等以上でも喪中とする場合があります。
          喪中の期間は一年間が一般的です。

  • Q:故人の年齢は満年齢・数え年のどちらで記載すればよいでしょうか?

  • A:一般的には数え年で記載しますが、満年齢で記載する場合も増えています。
           ※数え年では生まれた最初の年を1歳とし、以降元旦を迎えるごとに年齢を加算します。

  • Q:会社付き合いの方にも喪中はがきを出したほうがよいでしょうか?

  • A:基本的に出す必要はありません。会社付き合いから親しい間柄になり、
          年賀状をやりとりしているようでしたら、喪中はがきで年賀欠礼を伝えてもよいでしょう。

  • Q:故人が2人いる場合、連名にしてもよいでしょうか?

  • A:連名でも差し支えないでしょう。その際は続柄、姓などが受け取った相手に伝わるよう
          注意しましょう。

  • Q:年末に不幸があり、喪中はがきが間に合わなかった場合はどうすればよいでしょうか?

  • A:松の内(元旦~1月7日)を過ぎてから寒中見舞いはがきを送りましょう。

  • Q:妻の親が亡くなり夫婦連名で喪中はがきを出す場合、続柄はどうすればよいでしょうか?

  • A:差出人の代表である夫から見た続柄を入れましょう。
  • DMファクトリー
  • 郵便局ネットショップ
インターネット専用お問合せ先
総合印刷インフォメーションセンター
0120-910-985 9:00〜18:00(土日祝を除く)

郵便局商品全般に関する
お問合せはこちらをクリック

会員登録すると便利な
サービスが盛りだくさん

マイ住所録に登録したデータを挨拶状に宛名印刷することができます。
※カタログ(郵便局窓口)からお申込みいただく宛名印刷との違いはお申込み~お届けまでの流れをご覧ください。
宛名印刷した郵便はがきをお客様に代わり投函する会員限定(無料)サービスです。
挨拶状のご注文時に宛名印刷サービスを申し込むとご利用になれます。
ロゴマーク・写真・地図・QRコードなどを登録しておき、挨拶状や名刺、封筒などにインポートすることができます。