郵便局 そばにいるから、できることがある。 郵便局

郵便局の総合印刷サービス

【挨拶状・年賀状・名刺・封筒・ポストカード印刷】

喪中はがきは親戚にも出す?亡くなると喪中になる親戚の範囲は?

喪中はがきは親戚にも出す?亡くなると喪中になる親戚の範囲は?

親戚が亡くなった場合、どこまでが喪中に当たるのでしょうか。
今回は「亡くなると喪中になる親戚の範囲」や「喪中はがきは親戚にも出すかどうか」について説明します。もし、いとこや祖父が亡くなった場合は?兄弟姉妹や、兄弟姉妹の配偶者(妻や夫)の場合は?といった、誰もが悩んでしまう疑問を解決します。

亡くなると喪中の対象になる親戚の範囲

まず、多くの方が最初に悩んでしまうのは、親戚が亡くなった際に「どこまでの範囲が、喪中に含まれるのか?」ということではないでしょうか。
何親等までが喪中に当たるのか、具体的に解説していきましょう。

喪中の対象になる範囲

一般的には、「2親等内の親族」が亡くなった場合が喪中となります。
2親等内とは、以下の親族になります。

親等なし:配偶者
ご主人や奥様などの配偶者です。便宜上、0親等と呼ぶ場合もあります。

1親等:父母、義父母、子ども
自身の父母、配偶者の父母(義父母)、子どもは1親等になります。

2親等:兄弟姉妹、祖父母、義祖父母、孫
兄弟姉妹の配偶者、義兄弟姉妹、義兄弟姉妹の配偶者も2親等に当たります。

2親等内の親族に含まれないケース
おじ・おば、甥・姪は3親等、いとこは4親等に当たるため、「2親等内の親族」には含まれません。
曽祖父・曽祖母(ひいおじいさん、ひいおばあさん)は3親等です。配偶者の曽祖父・曽祖母、いわゆる義曽祖父・義曽祖母も同様に3親等になります。また、曽孫(ひまご)についても3親等に当たります。

親等図

喪中はがきを出すケース

配偶者、父母、義父母、子供、兄弟姉妹が亡くなった場合は、喪中はがきを出します。
ただし、2親等でも祖父母や義祖父母、兄弟姉妹の配偶者の場合は喪中はがきを出さないことがあります。同居をしておらず、別世帯として暮らしていた場合はこれに該当します。
別世帯では、2親等でも年賀を欠礼する必要はないという考え方があるためです。

前項で述べた通り、「2親等内の親族」が対象のため、おじやおば、いとこなど「3親等以上の親族」の場合にも出さないことが多いです。ただし、故人との親交の深さや同居の有無により、3親等以上でも喪中とすることがありますので、ご家庭によって異なる判断が必要です。

喪中はがきはいつまでに送る?

喪中はがきを送る相手

「喪中はがき」は、どのような相手に送れば良いのでしょうか。
親戚をはじめ、一般的に送った方が良いと考えられる方々を順に紹介していきます。

親戚

例年、年賀状をやり取りしている方には、必ず喪中はがきを出すようにしましょう。喪中はがきは、故人が亡くなったことを知らせるものではなく、年賀状を出せないことを伝える挨拶状のためです。社会風習の多様化に伴い、近年では身内同士での送付を省略するケースもあります。

葬儀の参列者

葬儀に参列していただいた方にも、喪中はがきを送るようにしましょう。
喪中はがきを出すこと自体は、失礼には当たりません。
葬儀の際に「お世話になったお礼」を書き添えておくとさらに好印象です。

ビジネス上の関係者

近年では「プライベートとビジネスを分ける」という考え方から、喪中期間であるかどうかに限らず、通常通り年賀状を送付する場合が少しずつ増えています。
「ビジネス上の付き合いの人に過剰な気遣いをさせない」という理由もあります。ただし、ビジネス上の関係者でも、友人・知人関係となっている場合は喪中はがきを送るようにしましょう。

故人が年賀状をやり取りしていた相手

故人と生前にお付き合いがあったものの、何らかの理由で葬儀に出席されていない場合など「故人が亡くなったことを知らない方」にも送付することをおすすめします。
送付時には必ず、故人の名前が分かる形にして送りましょう。

例)父〇〇が〇月〇日に永眠いたしました

喪中はがきでの続柄のマナー

喪中はがきに記載する重要な情報の一つに、故人との「続柄」があります。
マナーを踏まえた記載方法を押さえておくようにしましょう。

続柄の基準

夫婦連名で送る場合も「世帯主から見た際の続柄」で判断します。
夫婦であれば夫、家族であれば父親を基準とすることが一般的です。
親等の数え方も、世帯主を中心に数えるのが基本となります。

迷いがちな続柄の書き方

続柄について迷いがちな身内の記載方法について、解説します。
まず、配偶者の両親ですが、一般的には「義父」「義母」とは書きません。
妻の父親は「岳父」もしくは「妻〇〇の父」と記載します。妻の母親は「岳母」「丈母」「妻〇〇の母」のいずれかの続柄を使用します。夫の両親はそのまま「父」「母」を用いるようにしてください。
おじ、おばの漢字表記については、両親の兄や姉の配偶者は「伯父」「伯母」、両親の弟や妹の配偶者は「叔父」「叔母」となります。

喪中はがきの種類

喪中はがきの構成例

続いては、喪中はがきの「構成例」の基本についてです。
喪中はがきは「年賀欠礼状」という名称の通り、不要な情報を記載せず簡潔にまとめる必要があります。文例と一緒に見ていきましょう。

喪中はがきの文面の基本構成

挨拶文

悲しみに身を慎み、新年の挨拶を欠礼する旨を示します。「年賀」は祝い言葉のため使用しませんが、「年始」「年頭」「新年」は使用できます。

例)喪中につき年末年始のご挨拶をご遠慮申しあげます

故人の情報

続いて重要なのは、故人の情報です。誰がいつ何歳で亡くなったのかを、差出人の続柄と共に記載します。故人の名前は原則フルネームで書くようにしましょう。通常、死因は記載しません。年齢については、数え年で記載するのが一般的です。数え年とは、生まれた時を1歳とし、以降元旦を迎えるごとに1歳ずつ加算する計算方法です。

例)祖父 郵便局一郎が八月十二日に〇〇歳で永眠いたしました

1年で複数人が亡くなった場合は、連名で記載しても失礼には当たりません。

お礼の言葉と結びの挨拶

故人が生前お世話になったことに対する、感謝の言葉を述べましょう。その後、引き続きのお付き合いを願ったり、相手の健康を祈ったりする内容の言葉で締めるようにします。

例)生前に賜りましたご厚情に心から御礼申し上げます
みなさまに良い年が訪れますようお祈りいたします

日付

喪中はがきを差し出した年月を記載します。

例)令和二年十二月

差出人の住所と氏名

表面(宛名面)に入れる場合は、はがきの左下、裏面に入れる場合は文面の最後に入れてください。表面もしくは裏面、いずれに書いてもマナー違反にはなりません。
表記方法は、世帯主の個人名、夫婦連名のどちらでも大丈夫です。
必要に応じて、電話番号も入れておくと良いでしょう。

喪中はがき裏表

喪中はがきの文面における注意点

昔ながらの日本語の表記に準じることが原則です。
つまり、文面に句読点は入れず、原則として、数字は漢数字で表記するようにします。
ただし、郵便番号に関してはアラビア数字で問題ありません。
基本は縦書きの文面で送りますが、その場合、文面の行頭は「一字下げ」をしません。また、文章中に「拝啓」「敬具」などの頭語・結語を用いる必要はありません。頭語・結語に加えて、「新春の候」や「寒冷の候」といった時候の挨拶も不要です。さらに、「逝去」という言葉は尊敬語に当たるため、身内の死には用いることができませんので注意して下さい。
続いて、喪中はがきには、転居、結婚、出産などの「近況報告」は記載しないのがマナーです。どうしても伝えたいことがある場合は、別途、松の内(1月7日)を過ぎてから送付する「寒中見舞い」の中に記載するようにしましょう。

喪中はがきの文例

喪中はがきについての基本を確認

最後に、喪中はがきについて押さえておきたい基本的な知識について、おさらいしましょう。
喪中はがきは、故人が亡くなった年の11月から遅くとも12月上旬までに届くよう投函します。何らかの理由で喪中はがきの投函が遅れた場合は、松の内(1月7日)が開けてから節分(2月3日頃)までの間に「寒中見舞い」を送ります。また、さらに遅れた場合は「余寒見舞い」として送付するようにします。

先方から年賀状が届いた場合、受け取ること自体はマナー違反ではありません。「寒中見舞い」でお礼を述べ、喪中であることを伝えるようにしましょう。
喪中はがきのデザインは、慣例的に胡蝶蘭を使用したものが用いられることが多いですが、さまざまな種類があります。「郵便局の総合印刷サービス」でデザインを選べますので、ぜひご活用ください。

いかがでしょうか。「亡くなると喪中の対象になる親戚」と、「喪中はがきを出す範囲」についてまとめてみました。喪中はがきについての考え方はあくまでマナーであり、明確なルールとは言えないものも多くあります。家族で話し合いながら、準備を進めていきましょう。

喪中はがきお役立ち情報

サイトからのお知らせ
2020年2月28日
2020年(子年)年賀状印刷の受付は、1月10日18時をもって終了いたしました。ご利用ありがとうございました。
インターネット専用
お問い合わせ先
0120-910-985 9:00〜18:00(土日祝を除く)
その他のお問い合わせ先

会員登録すると便利な
サービスが盛りだくさん

宛名住所録に登録したデータを挨拶状に宛名印刷することができます。
宛名印刷した郵便はがきをお客様に代わり投函する会員限定(無料)サービスです。
挨拶状のご注文時に宛名印刷サービスを申し込むとご利用になれます。
ロゴマーク・写真・地図・QRコードなどを登録しておき、挨拶状や名刺、封筒などにインポートすることができます。